☆☆ブログ村ランキングに参加してます☆☆
下のバナーをクリックして応援いただけると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ


2年半、手術が危険なふぅの犬歯が自然に抜けた

紅葉ツアーの真っ最中ですが、緊急記事を挟みます
一昨日はふぅテン、MAKIさんの歯のケアでした
この日も歯の状態は落ち着いているとのこと

001IMG_9256.jpg




ただ数日前から揺動している左下犬歯に
触られることを少し嫌がるようになりました
痛みはないと思われます

002IMG_0324_201611291506089d7.jpg




翌日の私のケアでのことです
やはり左下犬歯の歯周ポケットに
コットンを入れることを嫌がり・・

003IMG_2454a.jpg




そっと拭くだけにしておこうとしたその時、
ズルリと犬歯が動きました
次の瞬間、私の手の中にふぅの犬歯がありました

004IMG_0320.jpg

これまで抜歯した歯の歯根は真っ黒でしたが、
この歯は綿のようなものが巻き付いていました
歯垢とは違うように感じました




ほら、左下犬歯がスコンと抜けています

005IMG_0325.jpg




すぐにK動物病院へ電話しました
犬歯が抜けた跡って大きくて深い穴が残ります
すみやかな診察が必要かどうかを伺いました

006IMG_3833.jpg




だって足元では歯のケアが済んだふぅが
朝ごはんの催促ですもん

通院するとこの時間帯だと往復3時間、
診察待ちと治療に1~2時間はかかります

007IMG_0333.jpg




先生には出血はなかったこと、痛みもないこと、
抜けた跡は落ち着いていることを伝えました

先生の指示は犬歯が抜けた跡に食べかすが
留まることは避けるよう、都度掻き出して、と
指示がありました

008IMG_0327.jpg

さっそく朝ごはんの直後にケアしましたが、
食べかすや異物は残っていませんでした
このケア、テンの犬歯を抜歯した時と同じです
やっていけると自信を持ちました




ふぅ、食欲は変わりなく、ご機嫌でもありました
前日はトリミングもありましたが、この話は後日に

009IMG_0277.jpg




ところでこの揺動する犬歯との戦いは長い長いものでした
ふぅの犬歯がほんの少し揺動しているとMAKIさんが指摘したのは
2014年春のことでした、実に2年半も前のこと

010IMG_5183.jpg




動き始めた歯を止めることはできません
2014年秋「右のあご下は歯根の丸みを感じるが、
左は凹みを感じる」とのMAKIさんの指摘
受診を勧められました

レントゲン撮影の結果、下あごに影が見えました
穴があいてるわけではないが、菌が骨に達しているとのこと

ふぅのあごの先端部の骨の厚さは6mmと薄く、
犬歯はデカく歯根の厚みは4mm、骨は歯根下で2mm!
抜歯が適当だが、あごの骨が割れる恐れが高い・・

011IMG_3932.jpg




そのため手術は見送られ、歯周ポケットのケアを継続し、
歯のケアの際に抜歯のリスクを減らすために歯を指で動かすこと
これを2年間繰り返してきました

012IMG_3920-2.jpg




実に2年半かけてふぅの犬歯は手術を避け、
無事に自然に抜けました、めでたいことです
しばらくは歯が抜けた跡のケアが必要ですが、
あごの骨が折れるという最悪のケースは避けられました

013IMG_0290.jpg


2年半も頑張ったふぅ、よく我慢したね
ふぅに応援ポチをお願いします♪
↓ ↓ ↓ ↓
014IMG_2228b.jpg
にほんブログ村



↓『拍手』をクリックくださるとコメント欄が開きます
スポンサーサイト

テーマ : トイ・プードル - ジャンル : ペット

サロン前日ってシャンプーしますか?

この日の翌日はシャンプープラスさんで歯のケアです

001IMG_5633.jpg




歯のケアが2週間ごとなので前日はシャンプー日です
トリミングと重なる日はシャンプーをパスします

このマルチバケツ、いよいよ利用です

002IMG_1726.jpg




ふぅはお風呂は嫌いです
これまではバスタブに浅く水を張ったり、
ラピさんと一緒に入ったりしてましたが、
バスタブの縁に捕まって脱出しようとしました

003IMG7776.jpg




マルチバケツは柔らかく箱乗りが困難なためか
底にしっかり足がついて安心なのか
静かにシャンプーされるふぅでした

004IMG_5470.jpg




濡れたふぅがゴジラに見えて仕方ない私

005IMG_5481.jpg





テンは箱乗り状態でラピさんと目で会話

006IMG_5492.jpg




やっぱり目ヂカラでラピさんを自分の意のままか

007IMG_5499_201506101331162f0.jpg




ふわふわでいい匂いです

008IMG_1586_20150610133118cf3.jpg




ドライヤー&ブラシングは私の担当なので写真なし
はい、出来栄え撮影ね、これで明日は安心だ

009IMG_5507_20150610133119ba5.jpg




歯のケアの朝は歯のケアはしません
でも、結構前夜のおやつなどのカケラが残ってます
なので、前夜にコットンで気になる箇所だけ拭きます

010IMG_0518.jpg




さっ、MAKIさんにしっかりケアしてもらおうね

011IMG_0699.jpg




ふぅは痛みが出ましたが落ち着いています
テンはここ数ヶ月この右下奥の歯で手こずってます
外側は分泌物、内側は出血が続きます

MAKIさんからすごいケア法を伝授いただきました
ちょっと自分なりに実践し始めてます
また改めて報告しますね(かなり難しい)

012IMG_2312_201506101331387c0.jpg




歯のケアが終わったふぅはバッグへまっしぐら
朝ごはんが入ってることをよく知ってます
歯のケアの日は朝は抜き、シッコのご褒美もなし

013IMG_5510.jpg


用を足すと意気揚々とご褒美のおねだりするふぅ
歯のケアの日はないと分かっていて残念そうです
そんなふぅたちにポチッと応援お願いです♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
014bnIMG_5512.jpg
にほんブログ村


コメント閉じますが、拍手コメはご利用いただけます
FC2ブロガーの方は足あとをたどってお邪魔します
カテゴリー違いの方、ごめんなさい
今夜中に必ずご訪問いたします

テーマ : トイ・プードル - ジャンル : ペット

これがスウェーデン式ドッグマッサージだ

NHKの取材が終わったあと、キャスターの
石田鮎美さんにお礼を言って・・

001IMG_9220_20141215181131c1f.jpg




次はスウェーデン式ドッグマッサージの見学です
実はテンが腰、ふぅが首を痛めた話をしたとき、
WANBANAオーナーのヒロミさんが誘ってくださったんです、
やり方を学べばふぅたちに生かせるんじゃないのって

002IMG_9223.jpg




この日は先生のLENTOさんの出張ケアがあり、見学することに・・
これが当初の予定で、ここにNHKの取材が飛び込んだのでした

まずはウエスティのチャンタくんから

003IMG_9252.jpg




チャンタくんとスコッチのノアちゃんはブラック&ホワイト
WANBANAさんの文字通りの看板犬でした
ふぅもパピーの頃から一緒に遊んでもらってました

004chanta.jpg

(↑ふぅ2歳頃の写真です)




ノアちゃんは虹の橋を渡ったけど、チャンタくん頑張ってます
強いアレルギーと闘いながら、このマッサージも有効なケア、
ほら、たちまち全身から力が抜けちゃいました

005IMG_9261.jpg




一緒に見学中のまるちゃんもママが見よう見まねでマッサージ

006IMG_9253.jpg




テンもやってほしそう、いつの間にバッグインやねん

007IMG_9259.jpg




ふぅはしょっちゅうお腹パッカ~ンで撫ぜろ!の催促ですが・・

008IMG_9485.jpg




でも、このマッサージのしかたはご法度!
親指を使っちゃいけないんですって
理由は力が入りすぎるから

009IMG_9467.jpg




人差し指と中指でこわばった筋肉をほぐします
ホントに撫ぜてるような感じですね

010IMG_9478_2014121518115928b.jpg




チャンタくんが済むと先生、ころころでマットを掃除です
アカン、テンがころころに反応した!

011IMG_9268.jpg




もう飛びつきたくてしようがありません
ラピさん、リードに力が入ります

012IMG_9265.jpg




ふふ、まるちゃんに笑われた

013IMG_9272.jpg




続いてトーマスくんもマッサージです

014IMG_9276.jpg




ホントに気持ちよさそう
マッサージされてる様子を見てるとアクビが次々・・
先生、「そうなんですよ、見学されてる方も眠くなるみたい」って

015IMG_9295.jpg




あれっ、マルちゃんも寝ちゃいましたね(笑)

016IMG_9290.jpg


ふぅの首痛やテンの腰痛、マッサージしていいのか・・
椎間板ヘルニアはカイロの先生におまかせすることにします
普段のマッサージはこの方法で!ポチッと応援を♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
017bnIMG_9288.jpg
にほんブログ村


★★★こちらは信楽・伊賀上野オフ会の連載です★★★

◆みわりんさん連載中!
New書き納め?
写真て難しい。。
年賀状。
ツンデレラ。
モテくノ一。


◆ぼんファミリーさんも連載中!
New 忍者服を着て歩く様子(動画あり)
夕日でござるの巻
紅葉でござる
伊賀上野城でござるの巻
⑤|

◆ちゅんこさん連載中!
三重で遊ぼう♪【その1】
滋賀で遊ぼう♪【その2】
滋賀で遊ぼう♪【その1】


コメント閉じますが、拍手コメはご利用いただけます
FC2ブロガーの方は足あとをたどってお邪魔します
カテゴリー違いの方、ごめんなさい
今夜中に必ずご訪問いたします

テーマ : トイ・プードル - ジャンル : ペット

愛犬に低温やけどをさせないために

年の瀬の私の高血圧騒動、覚えていらっしゃいますか?
いつもの降圧剤を頂きに病院へ行ったら、急に血圧を測られて
190で大騒ぎってあれです

家ではテルモの血圧計を使ってます

001IMG_8880.jpg




先生、いろいろ生活習慣に関する注意をされました
中でもカラダを冷やさない、上手に暖を取ることが大事で、
私はふとんの暖の取り方が気になりました

私、就寝時はエアコンも電気毛布も起床時に喉がガラガラになるので
ふとん乾燥機で暖めてそのままスイッチ切って潜り込んでました
朝、肩が冷えてることが多い今年の寒さです

002IMG_8893.jpg




電気毛布を使って直接その上に寝ないで敷布を何枚か重ねて
寝るようにすれば大丈夫とのこと、さっそく実践しています

血圧は診察後の30日の平均で131/83です
降圧剤がなくなった時点で再診察を受けます

003IMG_8894.jpg


電気毛布を使うようになってにわかに気になったのが低温やけどです
低温やけどってご存知ですか? うちの子たちは大丈夫?(そして私も)

低温やけどって熱源の温度が低いのに長時間接触することで起こるやけどです
接触部の温度が44℃だと約6~10時間で発生するそうです。
44~51℃までの間だと温度が高くなるにつれて発生時間が短縮されることも

低温熱源とは湯たんぽ、カイロ、ストーブ、ホットカーペットなど




陽だまりで昼寝してる分には大丈夫でしょうが・・

004IMG_4678.jpg




ファンヒータの吹き出し口は要注意ですね
我が家は部屋に誰もいない時はつけないようにしています
低温やけどより、ファンヒータの故障で暴走が怖いので・・
だって火を吹くかも知れません

ファンヒータの前は毎日取り合いです
この座布団の上だけは休戦協定を結んでるようで
ふぅとテンがくっついてるシーンが見られます

005IMG_6160.jpg




ここは低温やけどというより本当のやけどが怖いのですが

006IMG_6758.jpg




まあ、たいていは数分で吹き出し口の前を離れて

007IMG_6854.jpg




ケージや陽だまりへ移動します

008IMG_4689.jpg




就寝時の暖房も我が家はしていません
一人寝はふぅだけですが、ボックス型のベッドを入れて

009IMG_6885.jpg




ふぅにはラピさんの手編みニットを着せて
ケージの周りにかけぶとんをかぶせます

010IMG_5561.jpg




もちろん、ペット用の湯たんぽはあります
テンを迎える時に用意した赤ちゃん用湯たんぽです
西松屋でラピさんとウロウロしながら求めました

011teionyakedo.jpg




温度計もついています

012teionyakedo.jpg




ただ、ちょっと分厚くてケージ内が狭くなるのと、
熱くなってもテンの逃げ場がなくなるので使いませんでした

013teionyakedo.jpg




この話を聞いたご近所のわん友さんが
持ってきてくださったのがこれ

014teionyakedo.jpg




中身は氷枕と同じものです
これも少し使っただけでした

低温やけどは発赤や水疱だけに見えても
傷が深いことが多く、重症になりやすいそうです
就寝時の低温やけどでは湯たんぽによるものが圧倒的に多いそうです

私の電気毛布の危険は低そうですが、ペットヒータは信頼できません
暖房器って電気の知識が乏しくても簡単に製造できます
でも、二重安全の考え方などきちんと設計されてるか不安なんです

015teionyakedo.jpg


ふぅは毎朝、ケージから出すときに震えはないかと
室温をまず確認しています、異常が出たら対応しなきゃ
一人寝を楽しむふぅに応援ポチをお願いします
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
018bnIMG_8166.jpg
にほんブログ村


コメント閉じますが、拍手コメはご利用いただけます
FC2ブロガーの方は足あとをたどってお邪魔します
今夜中に必ずご訪問いたします

暖かい部屋から冷たい外への散歩って大丈夫なの?


読者のSさんからメールをいただきました
「散歩に出る時の外気温との差を
少なくすることは大切ですか?」


冬場は屋内でも部屋の温度差でヒートショックを
心配しないといけない年齢に達した私たち夫婦
でも、ふぅたちにヒートショックを懸念したことは
まったくありませんでした


寒くなってからはファンヒータの前を陣取って
ぬくぬくと過ごす我が家のふたり
家では夏も冬も裸族で過ごします

001IMG_5780.jpg




そして散歩など外出するときは服を着ます
そのときの外気温に合わせて服は変えます

この対応でふぅテンに関してはこれまで
問題なく過ごしてこれました

002IMG_6633.jpg




奈良は盆地のため冷え込みますが雪は少ないです
これは数年前の珍しい奈良の積雪です

003IMG_6929.jpg




雪があがってテンを積雪の上におろしました
慎重にクンクン、時々パクッ!

004IMG_6961.jpg




庭を一周して前足に雪玉をいっぱいつけて帰還です

005IMG_6969.jpg




ふぅは雪の上におろすなり、片足をあげて固まりました
一歩も歩きません、このままでした

006IMG_6984.jpg
ふぅは晩秋~冬季に地面が濡れてたりするとガタガタ震えます
テンはそんなことは一切なかったです
ふぅは寒がり? 肉球が冷えると弱いようです

犬にヒートショックはあるのか?
少しググってみましたが、あまり記載がありませんでした
唯一見つけたサイトには こうありました

『温度差が10℃前後もあると血圧が急上昇⇔急降下し、
それによって脈拍が早くなったりし、思う以上に心臓に
負担をかけます。気温差も十分気をつけましょう。』


ただね、誰が作成したサイトか明記されてませんでした
戸外へ出たとき、愛犬が寒そうかどうかを判断すればいいかな
犬のヒートショックについてはそう思いました




だってね、北国のトイプードルはこんなに元気です
以下の画像はbossさんのWan・ダーフルな毎日からお借りしました

007fuyusanpo.jpg




これ、冬のドッグランです
きちんと装備してますが、まさしく雪原を駆けまわります

008fuyusanpo.jpg




前足の雪玉なんてハンパないですよね

009fuyusanpo.jpg




小型犬でシングルコート、室内犬のトイプードルは
犬種的には寒さに強い犬種ではありません
でも服や装備で真冬も戸外が楽しめると思います

上手に散歩させてあげたいですね
食べるより歩かせることが大事ってふぅを迎えた後、
最初のセミナーで伺ったアドバイスでした

010IMG_6081.jpg


冬も元気に!テンたちに応援ポチをお願いします
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
011bnIMG_4554.jpg
にほんブログ村


コメント閉じますが、拍手コメはご利用いただけます
FC2ブロガーの方は足あとをたどってお邪魔します
今夜中に必ずご訪問いたします