☆☆ブログ村ランキングに参加してます☆☆
下のバナーをクリックして応援いただけると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ


信貴山城での激戦・聖徳太子騎馬像と次々遭遇

本堂を出て再び紫色のトンネルを歩きます
本堂からだと右手に細い道があり 道標があります
昔からこの信貴山城跡が気がかりでした

001aIMG_9298.jpg




道標に従って細道に入ると多宝堂に到着
さらに左へ進むか右折か案内はありません

002aIMG_9325.jpg

それぞれの道を少し進みましたがハズレ!




奥之院毘沙門天王道とありますが、
この道くだると山中へ入りそうです

003aIMG_9326.jpg




迷路に迷ったかという時、鳥居に列に遭遇
急坂ですが昇降する年配の女性が次々と・・
いったい何が? 興味が沸いてきました

004aIMG_9337.jpg




この鳥居の列の先にあるのは【空鉢護法】
初めて遭遇する「くうはつごほう」に興味津々
行ってみようと歩きかけますが 遠い・・

005aIMG_9354.jpg




こんな説明板がありました
毘沙門天王の分身で一願成就必是の神様だとか

007aIMG_9336.jpg




登られるおば様方と少し話しましたが・・

008aIMG_3957.jpg

↑「今日は白蛇さまが出たよ」って
興味津々なれど 我が家は途中断念しました




私が行きたかった信貴山城址は結局見つからず
ちょっといい加減な道案内でした
そこは今、整備されてこう↓なってるようです

009aIMG_5932.jpg

ここを見たかったのは、かつてここで戦いがあったから
蘇我氏と物部氏の争いよりはずっと後でしょうが誰と誰?
松永久秀と信長の息子信忠の戦いで久秀は自刃しました
大仏殿が焼けた永禄十年十月十日からちょうど十年後の十月十日




信貴山城址は見つかりませんでしたが再訪はないでしょう
下山を始めた頃、信貴山で初の聖徳太子像に出会いました
なんと珍しい騎馬像です、ツアーの最後に出会うとは・・

010aIMG_9345.jpg




境内にはよく目をこらすと古い虎の像がありました
迫力がある像ばかりで、思わず少し身を引きました

011aIMG_9350.jpg




手水舎には珍しい像が・・狼でしょうか

012aIMG_9347.jpg




この後、下山してできたて草餅をゲットです

013aIMG_9358.jpg




焼くのに時間がかかるとのことで帰宅後焼きました
焼き立て、おいしかったです・・信貴山と聖徳太子・完

014aIMG_2704.jpg


こどもの頃から何度登ったことか信貴山
その信貴山の原点に触れることができました
ふぅテンにエールと応援ポチをお願いします
↓ ↓ ↓ ↓
009aIMG_1090_20171107211603e22.jpg
にほんブログ村


スポンサーサイト

聖徳太子と信貴山と張り子の虎が繋がりました

紫色の長いトンネルを抜けて・・
幟(のぼり)には【毘沙門天王】の文字が

001aIMG_9315.jpg




生まれて初めてこちらの本堂へ向かいます

002aIMG_9318.jpg




テラスが高ぁい!

003aIMG_9306.jpg

↑下に広がるのは奈良盆地です
中学生の頃はあそこから歩いてここまで
蝶を捕りに来てました




本堂の正面に【毘沙門天王】の額です

004aIMG_9307_20180301220305ee5.jpg




毘沙門天王の説明プレートもありました
でも、聖徳太子の名前がどこにもありません

005aIMG_9305.jpg




そもそもなぜ信貴山で聖徳太子なんでしょう
それは日本初の宗教戦争の勃発と関係がありました

仏教が日本に伝わって、豪族の蘇我氏が推しました
聖徳太子は蘇我氏とともにタッグを組みました
一方、物部氏は神道を推し真っ向から衝突です

006aIMG_8494.jpg

↑蘇我氏軍は飛鳥に拠点を持ち、物部氏軍の拠点は大阪側
当初は物部軍が大きな戦力を持ち優勢に戦いを進めましたが
蘇我軍は正徳太子が知恵を出し巧みに戦いました
両軍が睨み合うことになったのが信貴山でした




このとき聖徳太子はわずか12歳
太子は寅年、寅の日、寅の刻に祈願をしたそうです

007aIMG_9476.jpg

そうそう信貴山と名付けたのも12歳の太子でした




太子の祈りを聞き届け、毘沙門天降臨され、
太子に必勝法を授け、蘇我軍は勝利したのです
↓中央が毘沙門天王です

008aIMG_3857.jpeg




ふぅ~とため息が漏れました
さあ、鳥居まで戻ってラピさんと交代します

009aIMG_9311.jpg




テンくん、待ってくれててありがとうね

010aIMG_9109.jpg




延々と続く紫の幟。遠目には花に見えました

011aIMG_9323.jpg




広い境内、まだ気になる所がいくつかあります
もう1日、ご一緒くださいね・・つづく

012aIMG_9324.jpg


信貴山の命名は聖徳太子でした
太子・信貴山。毘沙門天王が繋がりました
ふぅテンにエールと応援ポチをお願いします
↓ ↓ ↓ ↓
009aIMG_1090_20171107211603e22.jpg
にほんブログ村



↓『拍手』をクリックくださるとコメント欄が開きます


テーマ : トイ・プードル - ジャンル : ペット

コパンで起こった事件とは?そしてなぜに信貴山へ

コパンさんで撮影が始まる時、
リードは邪魔なので外しました

001aIMG_9249.jpg




撮影終了後、リードを戻そうしたものの
テンのリードがどこにも見当たりません
室内にも撮影ブース内にも車の中にも・・
テンのリードを外した私は焦りまくり

002aIMG_2699.jpg




その時ラピさんの蜂の一刺しが・・
「ポケットへでも入れたんちゃうの」
まさか、そんな・・片っ端からポケットチェック

と、えっお尻のポケットからリード出ました
みなさんをバタバタさせて申し訳ありません

003aIMG_2702.jpg




実は私のコパンさんでの失敗って これだけではなく
2年前にもリードを置き忘れてしまいました

004aIMG_4983.jpg




さらに同じく2年前私のミスで忘れ物です
またコパンさんから電話をいただきました

005aIMG_8000.jpg




忘れちゃったのはこれ、カフェマットです
さっそくテンのチェックが入りました

006aIMG_8016.jpg

これが私のコパンさんでの失敗のすべてです
コパンさんでは思考が緩んじゃうのでしょうか(汗)




気を取り直して出かけた先には何これ?
西方の守護神白虎でした

007aIMG_9252.jpg




駐車場を後に本日の目的の実践開始です

008aIMG_9253.jpg




めざすは朝護孫子寺(ちょうごそんしじ)の本堂です
その入口前にあるのは千体地蔵です(アップ控えます)

009aIMG_9255.jpg




ではスタートです、仁王門を潜ります

010aIMG_9257.jpg




力強い仁王さまですが、目の光が・・
ガラスが入ってるようです

011aIMG_9259.jpg




さあ、今日の目的、本堂を目指します

012aIMG_9270.jpg




大虎が睨む先に本堂が見えます
本堂にこだわるのは入ったこどがないから

013aIMG_9271.jpg




三宝塔です、本堂が近づいてきました
このお寺、聖徳太子の建立と伝えられますが
ここまでの所、太子に触れたものが一切ありません

014aIMG_9292.jpg




さあ、いよいよ本堂の鳥居が見えてきました
参道に並ぶ紫に旗には毘沙門天王の文字が
やっと聖徳太子とゆかりのお名前が登場です

015aIMG_9298.jpg




本堂へはペット連れ禁止です

016aIMG_9314.jpg




参道でラピさんにふぅテン抱っこで待ってもらい
私は初めての本堂へ踏み込みました↓

017aIMG_9313.jpg


やはり信貴山は聖徳太子ゆかりのお寺でした
ふぅテンにエールと応援ポチをお願いします
↓ ↓ ↓ ↓
009aIMG_1090_20171107211603e22.jpg
にほんブログ村



↓『拍手』をクリックくださるとコメント欄が開きます

テーマ : トイ・プードル - ジャンル : ペット

土中深くに祀られていた御神体である神剣を求めて

お詣りが済み 楼門を出て拝殿裏を目指します

001aIMG_9024.jpg




これがお詣りをした拝殿ですが、
この真裏にめざすものがあります

002aIMG_7160.jpg




拝殿後方の禁足地(きんそくち)です
こちらの神域の中でも最も神聖な霊域です

003aIMG_2140.jpg




この禁足地に建てられた本殿です
土中深くに祀られていた御神体である神剣が
見つかった場所に本殿が建立されました

004aIMG_7231.jpg




この本殿を見たい!これがこの日の大きな目標でした
楼門の隣には立派な門がありましたが締められたまま

005aIMG_9044.jpg




この建物の裏へ回りました
裏口かと思われた場所に『カメラ撮影中』の警告です

006aIMG_9041.jpg




塀の隙間から見えるのは緑の立木ばかりです

007aIMG_9038.jpg




グッと覗き込むと中にもフェンスが見えます
でも本殿は見つかりません

008aIMG_9043.jpg




グルリと裏を見て回りましたが本殿らしき
ものは見当たりませんでした

009aIMG_9026.jpg




切り上げて祓所(はらいしょ)へ戻りました

010aIMG_9050.jpg




石上神宮のシンボル鶏のお迎えです

011aIMG_9049.jpg




参集殿です、諸行事に使われますが、
ここは私とラピさんが結婚式を挙げた場所です

012aIMG_9051.jpg




駐車場へ戻り、このあとランチへ向かいます

013aIMG_9055.jpg




ビューって走って久しぶりのアプリコートです
ここでもびっくりの張り紙が・・つづく

014aIMG_4040.jpg


石上神宮の本殿見つからず、残念
ふぅテンに応援ポチをお願いします
↓ ↓ ↓ ↓
009aIMG_1090_20171107211603e22.jpg
にほんブログ村



↓『拍手』をクリックくださるとコメント欄が開きます

テーマ : トイ・プードル - ジャンル : ペット

遅い初詣でラピさん念願の御朱印帳にご神体を記帳

ラピさん 喪中につき 石上(いそのかみ)神宮の
初詣を控えることにしたとの記事を書きました

001aIMG_7932.jpg




喪中の1年間は鳥居をくぐっては
いけないという説がありました
喪中は四十九日だという説もあります
四十九日が過ぎても正月はお詣りを
避けるべきという説もありました

002aIMG_0630.jpg




四十九日も正月も過ぎた今、石上神宮の
お詣りをしようとラピさんと決めました

003aIMG_2452.jpg




どんよりした空模様でしたが、
走り出すと太陽が顔を出しました

004aIMG_2455.jpg




石上神宮の参道前の大駐車場は閉鎖されていました
ジモッチーのラピさんのガイドで神社裏の駐車場へ

005aIMG_9053.jpg




裏側から参道へ向かいます

006aIMG_8997.jpg




ラピさん覗き込んでいますが、
巫女さんたちが集まっていたようです
何か儀式が執り行われる気配・・

007aIMG_9001.jpg

突き当りの暗いところが参道です




参道へ出ました、鳥居をくぐりますね

008aIMG_9002.jpg




楼門をくぐって拝殿へ進みます
正月ではないので、破魔矢やおみくじは
ないものと思っていましたが・・

009aIMG_9021.jpg




拝殿でお詣りをすませると・・

010aIMG_9020.jpg




横におみくじの筮竹(ぜいちく)が置かれてました
2年連続で半吉を引いた私、満を持して引いたクジは・・

011aIMG_2483.jpg

末吉でした、でも内容はいいことがとても多かったです




破魔矢も手に入れることができました

012aIMG_2480.jpg




そしてラピさんが欲しがっていた
御朱印帳も手に入れました

013aIMG_2482.jpg




『石上神宮』と書いていただくのがノーマルですが
敢えてこちらを選ぶようラピさんに進言しました
だって、こちらは御神体を表わしています

014aIMG_2481.jpg




拝殿後方にある禁足地から出土した国宝・七支刀(しちしとう)
6本の枝を持つ特異な形の剣身に古代東アジアの情勢を記した
銘文が金象眼されています
石上神宮の御朱印帳の最初に書いて頂くならこちらでしょう

015aIMG_6473.jpg


遅い初詣、無事に済ませることができました
ふぅテンに応援ポチをお願いします
↓ ↓ ↓ ↓
009aIMG_1090_20171107211603e22.jpg
にほんブログ村



↓『拍手』をクリックくださるとコメント欄が開きます

テーマ : トイ・プードル - ジャンル : ペット