☆☆ブログ村ランキングに参加してます☆☆
下のバナーをクリックして応援いただけると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ


抗生剤投与でテンの歯のケア方針が明確に

「テンの歯周病菌を内部から叩いてみることに作戦」ですが、
2週間の抗生剤投与を終えました

001IMG_8177.jpg




さて、出血があり歯垢・分泌物も多い右下奥歯の裏、
抗生剤の効果でしょう、3日ほどで出血が止まり、
歯垢の量もグンと少なくなっています

そして、歯周ポケットもないのに、なぜここが充血し
歯垢が多いのかが今回のMAKIさんのケアで判明しました

003IMG_8151.jpg

(↑写真は抗生剤投与前の右下奥歯の裏です)




MAKIさんからケア後の説明を受けました
テン、寝起きではありませんが、煙たい顔してます

004IMG_9417.jpg




犬の歯の模型で説明を受けます
この方が生で見るよりわかりやすいですね
丸印がテンの現在の最重要ケアポイントです

005IMG_9416.jpg




親指の爪で指してる箇所の歯茎が腫れて
上にあがって歯の根本を隠していたんだそうです

腫れが引いて歯の根元が見えるようになると、
ここに歯石が付き始めていることが分かりました

006IMG_9433.jpg




では、テンの現状を撮影してみます

007IMG_9644.jpg




ここです、歯茎が下がった矢印の辺りに帯状の歯石が見えますか?
今は抗生剤が効いて落ち着いていますが、
歯肉が下がってるうちにこの歯石を取り除けるようケアを進めます

008IMG_9680.jpg




こんな大事なときに伸ばしていた爪が割れました
なんちゅうこっちゃ! 爪幅が狭くなると、しなりにくくなり、
奥歯の裏のデリケートな場所の歯垢が取りにくくなりました

002IMG_8970.jpg

できるだけ割れた爪を残しつつ、万一に備えて中指の爪も伸ばしています




なぜ、テンは懸命に歯のケアをして来たのに
こうなっちゃったのでしょうか、
よくコメントいただくことですね

テンの前歯は小さくて整然と歯並びもいいです

009IMG_9661.jpg




ところが犬歯も奥歯もテンの小さなマズルには
大きすぎるのだそうです

010IMG_9659.jpg




さらにマズルの幅に対して、舌の幅も大きいんです
そんな観点で見たことがなかったですが、
確かにマズルの幅からはみ出してますね

011IMG_9647.jpg




この舌をめくっても舌の裏側の皮膚が回りこんで
歯の根元を隠してしまいます

私は長らくテンの下の奥歯の裏側がケアできませんでした
その理由はこの舌を上手によけることができなかったから

慣れれば綿棒や指で舌をよけることができます
慣れてください、できるだけ早く!

012IMG_9672.jpg




喉を掻きむしったふぅですが、消炎剤の投与で
ピタリと掻き掻きは収まりました
赤くなっていた喉は翌日にはカサブタとなり
3日後にはほとんど分からなくなりました

013IMG_9435.jpg




ふぅの歯は左下犬歯が搖動しており、今は犬歯の根本の
歯周ポケットの周囲から歯垢を掻き出しています
痛みもなく、落ち着いた状態でした

014IMG_9453.jpg




今回、MAKIさんが①の歯茎を強めにマッサージしたら、
犬歯の根本②から歯垢が出ました

両方の歯は歯根で通底しているようです
ここもケアの重点対象となりました

015IMG_9455.jpg




消炎剤は1週間の投与後、ふぅの掻き掻きは再開しました
やはり、皮膚に炎症は起こしているようですが、
程度が軽いのでアレルギー検査は行いません

016IMG_9436.jpg


この日、私は大変なミスをします
ふぅテンに申し訳ない、土下座です(詳細は明日)
ふたりにショーンを許してあげての応援ポチを!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
017bnIMG_9565.jpg
にほんブログ村


コメント閉じますが、拍手コメはご利用いただけます
FC2ブロガーの方は足あとをたどってお邪魔します
カテゴリー違いの方、ごめんなさい
今夜中に必ずご訪問いたします

スポンサーサイト

テーマ : トイ・プードル - ジャンル : ペット