☆☆ブログ村ランキングに参加してます☆☆
下のバナーをクリックして応援いただけると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ


イワシはアレルゲンか?それとも救いの神か?

ふぅの流血事件、覚えていらっしゃいますか?
あれは8月末のことでした

あの記事ではアレルギーを疑い、チキンを含むフードと決別しました
ご興味のある方は⇒こちら

001IMG_8058.jpg

その後、ふぅの体の湿疹は減ったように思われましたが、
次のトリミング(9月中旬)でも出てるとの指摘がありました

鶏でもないのか、ひょっとしてイワシ?
ひと月ほど蛋白源として馬肉のみにしてみました
結果は変わらず、10月末でも湿疹は同様でした




そのとき、イワシは湿疹と無関係ではと思いました
ただ、イワシの与え方についてはいくつか気になる点があり、
イワシを再開するために少し調理法の変更を検討しました

今回はこの三重県産真イワシで検証します

002IMG_5280.jpg




真イワシ4パックを使い、3つのパーツに分けます
まずは身だけ、1,050g ありました
次いで骨のみ、144gありました
内臓は 186g でした

004IMG_5306_20141103235351fad.jpg



固い頭とエラ、ヒレは従来通り捨てます
715gと結構な量になりました

005IMG_5314.jpg




加熱を始めると、ふぅたちがいい匂いに釣られ・・

006IMG_5323.jpg




身は浅いプライパン様の鍋でヒタヒタの水で加熱です

007MG_5365.jpg

日本近海で獲れる魚の内臓は汚染されているという指摘があります
今回、改めていろいろ調べてみました
海洋汚染で問題なのは海底の土壌に蓄積する重金属類といわれており、
魚類の汚染で問題になるのは海底近くに生息する底魚か
食物連鎖の上位にいるもの、との指摘がストンと入りました
イワシの内臓を私は与え続けるつもりです、ただし最適な量を模索します





骨を身と分けたのは、骨を十分砕くためです
従来は加熱後、一緒にプープロで砕いていましたが、
直径1mmくらいの小さな骨が多数残っていたのです

食べても大丈夫な大きさですが、消化はされません
給餌の都度、指先で探り除去していました

今回はレンジで加熱し、骨だけを徹底的に砕きました

008IMG_5347.jpg




それでも小さな骨粒が残りました、プープロの限界かな
すり鉢ですりつぶしましたが、それでも少し残りました

今回はこの状態で使用します
次回は骨を素揚げしてから砕いてみます

009IMG_5384_20141103235410c01.jpg




一番、気になっていたのは内臓です
内臓を与えることに迷いはないのですが、身と混ぜると
ベタベタの流動食みたいになります

量が多すぎるのではないか?と考えました
適量とは? サイトをかなり調べましたが見つけたのはこれ

肝臓はたんぱく質源の約5%を占めているとよい
毎日または一日おきに少量の肝臓を与えること

犬の自然食 - 犬の病気と自然療法より)

010IMG_5369.jpg

内臓全体の話ではなく、肝臓の与え方ですし、
引用源も示されてはいません
しかし、この指摘に沿って今回は作ってみました
身が約1kgなので内臓は 50gです




内臓 50gをレンジで加熱すると驚くほどの脂です
これがツミレをドロドロにする原因かな
今回は量を減らしたので、このまま使います

011IMG_5381.jpg




やはりドロドロにはなりませんでした

012IMG_5385.jpg




薄く伸ばしてジップロックに入れ冷凍しました
都度、必要量を割って計量します

013IMG_5399.jpg




イワシからは良質の不飽和脂肪酸が摂取できますが、
長時間の加熱をしているのでサーモンオイルも添加します

014IMG_5404.jpg




野菜雑炊+健康一番+ヨーグルト+バナナ+イワシ+フードです

015IMG_5389.jpg




もう支度時から ふぅは私の足元でピョンピョン

016IMG_5414.jpg




すごい食いつきです
で、湿疹ですがまだイワシを再開して4~5日ですが、
良さそうです、継続してまた報告します

017IMG_5417.jpg


もうお出かけもゴーグルなしになりましたが、
久しぶりにゴーグル姉弟はいかがでしょう
ふぅテンに応援ポチをお願いします♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
<018bnIMG_1471.jpg
にほんブログ村


コメント閉じますが、拍手コメはご利用いただけます
FC2ブロガーの方は足あとをたどってお邪魔します
カテゴリー違いの方、ごめんなさい
今夜中に必ずご訪問いたします

スポンサーサイト

テーマ : トイ・プードル - ジャンル : ペット