☆☆ブログ村ランキングに参加してます☆☆
下のバナーをクリックして応援いただけると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ


歯周ポケットが進んでもひるまずケアする方法

さて今回はふぅだけのトリミングになりましたが・・

001aIMG_4025.jpg




帰宅当日にアフター写真を撮りました
この角度からだと胴長ぶりがはっきりと!
体色は濃く毛吹きも毎回より良くなってます

002aIMG_4060.jpg




ふふふ、この写真いかがでしょう
短足目立ちますが、なんとも幼い♪
今回のお気に入りの1枚です

003aIMG_4067.jpg




で、前回歯のケアでMAKIさんから注意を受けた箇所
ここです。左上奥歯(大)の前方歯肉(矢印)が後退し
そこの上部歯肉がプニプニしているというもの
ここを圧迫すると裏から分泌物が出るとの指摘でした

004aIMG_1934.jpg




コットンあるいは爪で後退した歯肉をめくろうとすると
ふぅが首を振って嫌がります

005aIMG_4106.jpg




いろいろやってみましたが、意外なことに
ピンセットの先端を裸のままで押し上げるのが
抵抗なく受け入れられました(個体差あるでしょう)

006aIMG_1941.jpg




ここをピンセットあるいは指の腹で押すと
裏柄の2本の奥歯の境界から分泌物が出ます

007aIMG_4110.jpg




MAKIさん曰く、表側の歯周ポケットと裏側の
ポケットが内部で貫通したのでは・・
この状態は放置すると危険で抜歯へ進みます

こんな時、表側・裏側それぞれのケアだけではなく
表裏を同時によく観察しながらケアする必要があります

008aIMG_4113.jpg

今回の歯のケアでは左上奥の歯肉は落ち着いていました
ケアは功を奏しているようです、経過観察をします


このような状態をケアされてる方は少ないでしょう
でも歯周ポケットを恐れず攻め込んでくださいね
ふぅテンに応援ポチをお願いします
↓ ↓ ↓ ↓
010bnIMG_2277.jpg
にほんブログ村



↓『拍手』をクリックくださるとコメント欄が開きます
スポンサーサイト

テーマ : トイ・プードル - ジャンル : ペット