☆☆ブログ村ランキングに参加してます☆☆
下のバナーをクリックして応援いただけると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ


ふぅの胆泥症は胆のう切除になるのか胆泥除去に成功するのか

K動物病院でふぅの胆泥症の診断です
こちら9時半の開院で入り口に行列ができますが
この日は少し早く入り口が開いたようです

001aIMG_0000.jpg




5~6番めでしたが、いつものように体重・触診・鼓動を
診ていただいた後、エコー検査です

002aIMG_2785.jpg




これまでの経過をまとめた事がないので
備忘録として経過をこの記事に残します

まず2015年3月、誕生日検診でふぅに
最初の胆泥が見つかりました
白っぽく見えてる箇所が胆泥、
黒い箇所が正常な胆汁です

003aIMG_2193.jpg

肝機能値のすべが正常だったので
治療はなく要観察となりました




2015年の12月には胆泥の量がかなり増えました
胆嚢・胆泥・正常について説明しておきます

004aIMG_5659.jpg




それから1年後の2017年1月には
胆泥がかなり増えました
胆泥は胆嚢の中でよく動き、
胆石化は進んでいないようでしたが・・

005aIMG_8788.jpg




この時点で利胆剤ウルソが処方されました
これで胆泥が排除されると大いに期待です

006IMG_3287d.jpg



ところが一月後の診断では胆泥が
減っていませんでした
そして肝機能でも炎症が見つかりました

007aIMG_3627.jpg




5月になって肝臓薬に切り替えられました
最近になって先生に薬品名を伺いましたが、
スパカールとのことでした

008aIMG_3372.jpg

ウルソは副作用はないけど薬効もないという
記事がネット上に目立ちました
スパカールはOddi(オッディー)括約筋を緩め、
十二指腸にある胆管や膵管の出口を緩めて
胆汁の出を良くするのだそうです




ところがスパカール投与ひと月後の経過は無念!
胆泥の動きが悪くなり固化が始まったとのこと
さらに胆のうの下部の白い影が現れ、エコーが
胆のう内を通過できていないとのこと

この時、外科手術の話が出ました
胆のうを切除するもので高度医療に属するそう
もうがっくり来て写真を撮ることも忘れました

009aIMG_5659.jpg




その一月後、手術の覚悟を決めて臨みましたが
先生の診立ては「悪化なし」でしたが
私は黒い空間すんわち正常エリアが増えたと感じました
胆のうの底には小さなボール状のやや固めの白い球が
あるものの、胆のうの下部は黒く抜けています

010aIMG_5660.jpg

明らかに先月より良化した、と私には感じられました




改めて胆泥と戦おうという勇気が湧いてきました
今の時点で工夫していることをまとめました
ここで私の期待は③乾燥わかめの項です
胆泥症の原因の一つに甲状腺機能の低下があるそうです
この症例にはヨードが効くとのこと、期待して与えてます
先月のカイロ治療の際に先生と話した部分です

011aIMG_9716.jpg

⑤は相当の期待で実施しましたが、ふぅの大幅な
体重低下を招き、肝機能にも影響が出ました
大失敗でした


来月のエコー診断が待たれます
ふぅに応援ポチをお願いします
テンは胆泥消えたようです
↓ ↓ ↓ ↓
010bnIMG_2277.jpg
にほんブログ村



↓『拍手』をクリックくださるとコメント欄が開きます
スポンサーサイト

テーマ : トイ・プードル - ジャンル : ペット