☆☆ブログ村ランキングに参加してます☆☆
下のバナーをクリックして応援いただけると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ


黒い犬がグレーに撮れるのはなぜ?


白い犬がグレーになるという昨日の記事、
実は黒い犬もグレーに撮影されることがあるんです

下の画像の子たちはシルバーではなくブラックです

001kuroinu.jpg




ホントか? 実験しましょう
外付けストロボの真っ黒な裏面を撮ってみます

002IMG_4810.jpg




オートで撮ってみました
あっ、内蔵ストロボが作動してしまいました

003IMG_4804.jpg




ストロボの作動を殺してオートで撮影です
ほら、黒い背景では黒いスロトボがグレーになりました

004IMG_4808.jpg




黒い被写体も白い被写体も背景に溶け込まないよう
中間色のグレー(反射率18%のグレー)でカメラは処理します

005kuroinu.gif




露出優先(Avモード)で露出補正なしです

006IMG_4811.jpg




露出補正を-1(-1.00EV)だけ暗くしました

007IMG_4814.jpg




さらに露出補正を-2(-2.00EV)だけ暗くしました
やっと黒いストロボのボデーが黒くなりました

008IMG_4816.jpg




我が家に黒い子も黒い人形もないので猫おどしを使います

009IMG_4820.jpg




露出優先(Avモード)で露出補正なしです
猫はグレーですね

010IMG_4831.jpg




露出補正を-2(-2.00EV)だけ暗くしました
やっと背景の黒と同じ色になりましたね

黒い犬を黒く撮りたいときは露出補正を-に設定する

011IMG_4833.jpg




ホワイトバランスを補正する方法もあります

18%グレーカードを使って撮影環境で
ホワイトバランスを都度補正するのです

この補正で白は白に、黒は黒に露出されます

012_MG_6193.jpg




RAWで撮るって聞かれたことがありますか?
未現像の生(RAW)なデータのことです
私はこれで撮ってます

キヤノンのカメラにはDigital Photo Professionalという
現像ソフトが無料でついてきます(ニコンは有料らしい)
これを使って黒い子を黒く現像することもできます

これで撮るとピント以外は思うように現像をいじれます
ホワイトバランスも露出補正もカラーバランスさえ変えられます

013kuroinu.jpg




ただ、ブラックの子は単にボデーの色を真っ黒にする
だけではダメで、目や鼻が黒い顔に埋もれないよう
目には光が当たるよう構図を配慮する必要もあります

まずは露出補正をマイナスにすると覚えておくと
黒い子にきれいな黒を発色させることができます

014IMG_0590.jpg


ブラックのアリスちゃんです、もち露出補正済み!
今日はアリスちゃんに応援ポチっとお願いです♪
↓ ↓ ↓ ↓
bnIMG_7298.jpg


コメント閉じますが、拍手コメはご利用いただけます
FC2ブロガーの方は足あとをたどってお邪魔します
その他のブロガーの方はおきてがみに足あと残せます
今日中に必ずご訪問いたします

スポンサーサイト