☆☆ブログ村ランキングに参加してます☆☆
下のバナーをクリックして応援いただけると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ


生馬肉を与えるメリットとリスク


24日の記事で我が家で利用中の生馬肉のことを紹介しました
ディアラパーフェクトでしたね
赤身肉に内臓・生骨のミンチを加えたもの

001IMG_8264.jpg




この記事に「私もディアラさんでおやつを買ってる」
そんなコメントを複数いただきました

えっ、ディアラって馬刺し専門店の天馬の商品名でしょ?
さっそく天馬のHPを確認しました
あっ、ディアラの名を冠する商品とそうじゃない商品がある

002baniku.jpg

天馬に電話して確認しました

ディアラを冠する商品の製造は、馬肉専門メーカー
ディアラ社の生産だそうです
天馬は販売を担当しているとのこと

天馬は厳しいHACCPの認証を受けていますが、
ディアラもHACCP対応のクリーンルーム工場で
生産されていました(同社HPより)




ただし、このタイプ50gごとの真空パックは
ディアラでは扱っていません
天馬などでの扱いのみのようです

※追記:ディアラでもこのタイプを扱っているとのコメントをいただきました
私の見落としでした、確かにディアラでも扱っておられます
次回の注文はディアラで行い、また報告させていただきます

004IMG_8272.jpg

今後も天馬から購入するか、ディアラから直接買うか
見極めていきたと思います




さて、先日の記事に寄せられたコメントに
生肉を与えるのがいいの? なぜ馬肉なの?
という質問がありました、回答しますね


ふぅに馬肉を与えるようになったのは2008年5月のこと
このとき、ふぅは1歳半でした
ふふ、今と同じ座布団に座ってる♪

005baniku.jpg




この頃は馬肉を加熱していました

006baniku.jpg




そして馬肉をほぐして玄米雑炊に加えて

007baniku.jpg




野菜を足すというシンプルなもの

008baniku.jpg




ドッグフードをトッピングしてますね

009baniku.jpg




生馬肉へ移行するとき、解凍した馬肉が赤黒く
鮮度が気になったため、購入先を変更しました

010baniku.jpg




生馬肉がなぜいいか、ご覧の通り高蛋白・低脂肪
カロリーも低く理想的な肉なんです
鶏ささみも負けず劣らずいい肉ですね

011baniku.jpg




ビタミン・ミネラルも馬肉と鶏ささみが
抜群にいいスコアです

012baniku.jpg


じゃあ、鶏ささみも生で与えたらいいの?
これがねぇ、ちょっと悩ましいところです

鶏って鶏舎にギュウギュウ詰めにされて飼育されます
病気が出ないように抗生剤漬け、肉のさばき方や流通も
かなり怪しい部分があるんです

馬は体温が高く寄生虫の問題がないと言われます
昔から馬刺しとして利用され、生肉で流通してきました
牛肉の生食は問題を起こして頓挫しましたが、
生食馬肉の加工・流通プロセスはしっかりしています




鶏もね、しっかり管理・育成された地鶏などは
生食できるんですよ

テンがむしゃぶりついてるのはきちんと
管理された地鶏の手羽先です

013IMG_8183.jpg




骨にむしゃぶりついてますが、加熱しなければ
鶏の骨は食べられます

ワイルドでしょう(笑)
このあと、骨粉で真っ白になったうんちをしましたが、
下痢など一切なかったです

でも、生手羽先はこの1回だけ
だって、血が飛び散ってすごいことになりましたから

014IMG_8283.jpg


新しいことを始めるのは勇気が要りますね
私はいまだに生食を与えるのはそれなりに怖いです
でも、与えるメリットが与えないリスクを上回ります
いつまでも健やかに、ふぅテンに応援ポチを♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
bnIMG_1922.png



コメント閉じますが、拍手コメはご利用いただけます
FC2ブロガーの方は足あとをたどってお邪魔します
その他のブロガーの方はおきてがみに足あと残せます
今夜中に必ずご訪問いたします

スポンサーサイト