☆☆ブログ村ランキングに参加してます☆☆
下のバナーをクリックして応援いただけると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ


ふぅの歯周病菌がまた暴れた、緊急通院です

私がジャージーを脱ぎジーンズをはくとテンの不安そうな顔
キミは留守番だなんて一言も触れてませんけど・・

001IMG_8675.jpg





同じ言葉なのに、ふぅの余裕の態度
笑みさえこぼれています
キミを連れてくなんて一言も言ってませんけど

002IMG_8678.jpg




実はうれしいお出かけではありません
先週のMAKIさんのケアでふぅが指摘されたこと

003IMG_8113.jpg




あの歯周ポケットがある場所、忘れた頃に痛みが来る歯です
ケアの数日前から軽く首を振って嫌がることを伝えました
やはり、分泌物が多いとのことでした(画像は落ち着いてたとき)

ただ、歯茎に赤みはなく、油断せず、歯垢を残さないよう
慎重にケアを続けることをアドバイスされました
詳しくはこちら⇒2014-01-09 | 歯のケア

004IMG_5340_20140115175513461.jpg


そのケアから4日後に強烈な痛みがきました
歯どころかほっぺを引っ張るだけでギャンと叫んで
私の膝から飛び上がって逃げ出します

一人ではケアできず、ラピさんに押さえてもらって
でくるだけ歯垢を拭き取ろうとしました
不思議なことにコットンはコヨリさえ嫌がるのに
歯ブラシは受け付けてくれました

痛みはかなりひどいと判断し、MAKIさんに電話で状況を
相談し、その日から頂いていた抗生剤を投与しました

劇的に効果があり、翌日は一通りのケアをさせてくれました
ただ、投与3日めでも痛みが来る前の状態、少し嫌がる感じで
わずかに痛みが残ってるのかなと思われました
この日で抗生剤はなくなりました




最初に頂いた抗生剤はあるときから効きにくくなりました
耐性菌ができてしまったのだろうとの先生のご判断でした
抗生剤は変更され、今のものになりました

このまま中途半端に投与を止めると、また耐性菌ができてしまう、
そんな懸念が拭えず、K動物病院を受診しました

005IMG_3231.jpg




前回の治療からちょうど3ヶ月が経過していました
今回も徹底的に歯周病菌を叩こうとの先生のご判断で、
抗生剤の注射と抗生剤10日分が処方されました

006IMG_8768.jpg





その前の治療よりは間隔が短くなっています
菌は歯の根元深くまで進入しており、抗生剤の投与で
いったん減じることができても、パス(通路)を
塞ぐことはできないので、やがてまた痛みがくるそうです

抗生剤もいつまでもは使えないとのことですので、
いつかこの歯も抜歯の判断をしなければなりません

ただ、まだケアができる自信があります
肝臓・腎臓も正常な数値を示しており、もう少しふぅと
一緒に頑張ろうと思います
食べる楽しさ、噛むことの楽しさをもう少し味わわせてあげたい

抗生剤を投与すると、下痢や吐き気を訴える子がいるようです
ふぅは幸いそれもありませんが、腸内細菌は死滅するので、
投与後は犬由来のビフィズス菌を与えています
MAKIさんのお店で入手できます

007denta.jpg


治療の翌朝にはふぅの痛みは解消しました
がんばるふぅに応援ポチをお願いします
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
018bnIMG_8166.jpg
にほんブログ村


コメント閉じますが、拍手コメはご利用いただけます
FC2ブロガーの方は足あとをたどってお邪魔します
今夜中に必ずご訪問いたします

スポンサーサイト