☆☆ブログ村ランキングに参加してます☆☆
下のバナーをクリックして応援いただけると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ


愛犬に低温やけどをさせないために

年の瀬の私の高血圧騒動、覚えていらっしゃいますか?
いつもの降圧剤を頂きに病院へ行ったら、急に血圧を測られて
190で大騒ぎってあれです

家ではテルモの血圧計を使ってます

001IMG_8880.jpg




先生、いろいろ生活習慣に関する注意をされました
中でもカラダを冷やさない、上手に暖を取ることが大事で、
私はふとんの暖の取り方が気になりました

私、就寝時はエアコンも電気毛布も起床時に喉がガラガラになるので
ふとん乾燥機で暖めてそのままスイッチ切って潜り込んでました
朝、肩が冷えてることが多い今年の寒さです

002IMG_8893.jpg




電気毛布を使って直接その上に寝ないで敷布を何枚か重ねて
寝るようにすれば大丈夫とのこと、さっそく実践しています

血圧は診察後の30日の平均で131/83です
降圧剤がなくなった時点で再診察を受けます

003IMG_8894.jpg


電気毛布を使うようになってにわかに気になったのが低温やけどです
低温やけどってご存知ですか? うちの子たちは大丈夫?(そして私も)

低温やけどって熱源の温度が低いのに長時間接触することで起こるやけどです
接触部の温度が44℃だと約6~10時間で発生するそうです。
44~51℃までの間だと温度が高くなるにつれて発生時間が短縮されることも

低温熱源とは湯たんぽ、カイロ、ストーブ、ホットカーペットなど




陽だまりで昼寝してる分には大丈夫でしょうが・・

004IMG_4678.jpg




ファンヒータの吹き出し口は要注意ですね
我が家は部屋に誰もいない時はつけないようにしています
低温やけどより、ファンヒータの故障で暴走が怖いので・・
だって火を吹くかも知れません

ファンヒータの前は毎日取り合いです
この座布団の上だけは休戦協定を結んでるようで
ふぅとテンがくっついてるシーンが見られます

005IMG_6160.jpg




ここは低温やけどというより本当のやけどが怖いのですが

006IMG_6758.jpg




まあ、たいていは数分で吹き出し口の前を離れて

007IMG_6854.jpg




ケージや陽だまりへ移動します

008IMG_4689.jpg




就寝時の暖房も我が家はしていません
一人寝はふぅだけですが、ボックス型のベッドを入れて

009IMG_6885.jpg




ふぅにはラピさんの手編みニットを着せて
ケージの周りにかけぶとんをかぶせます

010IMG_5561.jpg




もちろん、ペット用の湯たんぽはあります
テンを迎える時に用意した赤ちゃん用湯たんぽです
西松屋でラピさんとウロウロしながら求めました

011teionyakedo.jpg




温度計もついています

012teionyakedo.jpg




ただ、ちょっと分厚くてケージ内が狭くなるのと、
熱くなってもテンの逃げ場がなくなるので使いませんでした

013teionyakedo.jpg




この話を聞いたご近所のわん友さんが
持ってきてくださったのがこれ

014teionyakedo.jpg




中身は氷枕と同じものです
これも少し使っただけでした

低温やけどは発赤や水疱だけに見えても
傷が深いことが多く、重症になりやすいそうです
就寝時の低温やけどでは湯たんぽによるものが圧倒的に多いそうです

私の電気毛布の危険は低そうですが、ペットヒータは信頼できません
暖房器って電気の知識が乏しくても簡単に製造できます
でも、二重安全の考え方などきちんと設計されてるか不安なんです

015teionyakedo.jpg


ふぅは毎朝、ケージから出すときに震えはないかと
室温をまず確認しています、異常が出たら対応しなきゃ
一人寝を楽しむふぅに応援ポチをお願いします
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
018bnIMG_8166.jpg
にほんブログ村


コメント閉じますが、拍手コメはご利用いただけます
FC2ブロガーの方は足あとをたどってお邪魔します
今夜中に必ずご訪問いたします

スポンサーサイト