☆☆ブログ村ランキングに参加してます☆☆
下のバナーをクリックして応援いただけると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ


奥の歯の裏側を磨く裏ワザ

奥の歯の裏側を磨くために爪を伸ばしたと書きました
ももっくまさんご夫妻と大阪・堀江酒場で呑んだときのこと

お約束通り、詳しくこの件、書いてみます

001IMG_1245.jpg



奥の歯、磨けてない・・という方、多いでしょうね
私も奥の歯なんて長らくケアできてませんでした

MAKIさんから奥歯の歯間と裏に歯垢が残ってるという
指摘を去年の暮にいただいたのが最初かな

つまり、テンについては1歳~3歳まで奥の歯は
コットンで軽く拭いてたもののケアは不十分でした

それからなんとか悪戦苦闘、ようやく奥歯の表側は
最近になって落ち着いてきました(↓画像)

002IMG_9018.jpg




でも、同じ歯列の裏側ですが、歯石が大きくなって
歯茎に触り始め、歯垢も多く、この半年なんとか
コットンケアするものの、コットンが汚れない・・
つまり歯垢が取り切れていない状態が続いていました

そうそう、馬アキレスを頑張っても裏は磨けないそうです

003IMG_9026.jpg




爪を伸ばし始めたのは6週ほど前からかな
奥歯の裏側はどうケアすればいいのか、
長い爪がなぜケアしやすいのか書きます

写真は撮りにくく、却って理解しにくいと思うので
モデル化して説明しますね

004IMG_2106.jpg

歯垢が多い場合、考えられるのは2つあります
一つめは歯茎が下がり出したこと
エナメル質の層がない歯根がむき出しになります
歯茎が益々下がり、菌が歯茎の内部に侵入します

もう一つは歯茎は下がりだしたけれど、歯肉が残り
ポケット状になってて外観上は異常なく見えるケース
テンはこちらの可能性があります

いずれもより悪化をストップさせるため、
歯垢を掻き出さなくてはなりません




普通の長さの爪でコットンケアすると、
指先の腹でしかこすれません

005IMG_2109_201406031346392f6.jpg




コットンをつけてケアした直後ですが歯垢が
ほとんど付いてこなかったのは、このせいでしょう

006IMG_2125.jpg




爪を伸ばすと歯間や歯茎と歯の隙間も拭けるようになります

007IMG_2123.jpg




爪を伸ばし始めてから爪の根元に
黄色い歯垢が付着するようになりました

↓画像は歯垢の色が淡くて分かりづらいので塗色しました

008IMG_2132.jpg




個体差はあると思いますが、テンは舌の根元で
歯の根っこが隠れてしまいます

舌はしっかりどけないと歯のケアはできません
舌を傷つける恐れもあります
見えない歯は決して磨けません

009IMG_7751.jpg




MAKIさんはケアする右手で上手に舌をよけながら
ケアをされますが、なかなか難しいです
私は今のところ、左手で舌を避けて右手でケアしてます

010IMG_7750.jpg

ここで、爪を伸ばすのは歯茎を磨くためではありません
歯垢を掻き出すためです

つまり、歯茎をゴシゴシやるのはまったく逆効果です
爪を伸ばすのは指の腹では入らない細かな溝をケアするため




この日にケアでは久しぶりにトミーのママさんとお会いしました
トミーくん、私たちが到着するとトリミングに入ってました

011IMG_4087.jpg

(↑画像は前回お目にかかったときのもの)




トリミング中のトミーくんを預けたまま、
あの某カフェへご一緒しました

012IMG_1747.jpg




テンをレンタルです(笑)
このあと、食事してサロンへ迎えに帰りますが
とんでもないサプライズが待っていました・・つづく

013IMG_1702.jpg


爪を伸ばすって大変なことですねぇ
スマホのキーがミスタッチだらけ、爪先ひっかけて
爪がめくれるんじゃないかみたいな不安・・
えぇい、リビングストンデージーでもネイルしようか
アホちゃうな目のテンに応援ポチをお願いです♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
014bnIMG_1245.jpg
にほんブログ村


コメント閉じますが、拍手コメはご利用いただけます
FC2ブロガーの方は足あとをたどってお邪魔します
今夜中に必ずご訪問いたします

スポンサーサイト