FC2ブログ

  ☆☆ブログ村ランキングに参加してます☆☆
下のバナーをクリックして応援いただけると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ


大きな遊園地だったあやめ池は住宅街に改装されていた‼


あやめ池の入り口に立つ【パテストリーテラスあやめ池】です。
以前から広いあやめ池の周辺を散策しましたが、
ランチやカフェが楽しめました。今もそうですね。

IMG_4048_convert_20210118132449.jpg


ふぅとテンです。ベンチに敷いたマットで一服です。
。あやめ池の周囲にはベンチが何脚も設置されていました。

あっ、ふぅテンが着こんでる可愛い服は牛の絵でした。
今年は丑年なので、ラピさんが、新年の挨拶に用意してくれました。

IMG_4020_convert_20210118130324.jpg


ベンチから降りたふぅテン、ラピさんに早速と催促です。
テンが早く、早くって催促中みたい(笑)

IMG_4023_convert_20210118130454.jpg


ラピさん、ふぅテンを抱っこして、あやめ池の縁(ヘリ)で一休みかな。

IMG_4027_convert_20210118130648.jpg


あっ、ふうもテンもあやめ池の一角に強い風が吹き込みました。
ふぅもテンも毛が風になびいています。

IMG_4029_convert_20210118130733.jpg


あやめ池の縁(ヘリ)から水面を覗くと、わっ、カモ(かな)
次々と縁(ヘリ)にやって来ました。

IMG_4035_convert_20210118130816.jpg


その水鳥たちに、カメラはグッと近ずきましたが、
水藻の中に大振りのカモが目につきました。

IMG_4036_convert_20210118130855.jpg


あやめ池の周囲に作られた公園、
ラピさんがふぅテンを抱っこして、公園の縁を降りて進みました。

IMG_4038_convert_20210118130926.jpg


さて、その公園の周囲に建てられた建物は、私が子供の頃、
両親に連れられてあやめ池遊園地に何度も通いました。
それが今は遊園地が撤去され、空き地住宅街が生まれたのでした。

IMG_4039_convert_20210118131017.jpg


あやめ池を一周してパティスリーテラスあやめ池に戻りました。
ケーキは美味しく頂きました。

IMG_4049_convert_20210118132628.jpg


ケーキとコーヒーを頂いて、ふぅテン抱っこで大満足のショーンさんでした。
(ショーンとは私です、あれま)

IMG_4046_convert_20210118131205.jpg



スポンサーサイト



金魚資料館と金魚飼育場で見る大和郡山の金魚はこうです。


アピタを後に突き抜けて少し歩くと、大きな池が見えてきます。
その大きさに驚きますが、まるでヨーロッパの街並みみたいでしょ。
黒い小さな点々はカモのようです。

IMG_3686_convert_20210113092732.jpg


この大きな池の一角で、目についたのが『養魚場につき、釣り禁止』の看板でした。

IMG_3679_convert_20210113130241.jpg


金魚を育てる金魚池がたくさんあるのですが、金魚を育てるだけでなく、
金魚が育つ経過を示す建物を探しました。
この時、見つけたのが、『やまと錦魚園』でした。

IMG_3671_convert_20210113185350.jpg


大きな池の彼方に、初めて『やまと錦魚園』を見つけましたが、
錦魚園の建物は戸を下ろし、お休みでした。

IMG_3658_convert_20210113185818.jpg


『やまと錦魚園』から周囲の金魚飼育園を見てみましたが、
金魚池の数が驚くほど多く、全体を眺めて驚きました。
金魚池の一端にお地蔵様が祭られていました。

IMG_3647_convert_20210113185956.jpg


これが、その広大な金魚飼育園です。
思わず、カメラのファインダーを右へ左へ動かしました。

IMG_3649_convert_20210113185928.jpg


やまと金魚園は、この位置から明確に見えました。
この後、やまと金魚園へ足を運びました。

IMG_3653_convert_20210113185854.jpg


広い池が続きますが、徒歩で『やまと金魚園』へ到着しました。
残念ながら、お休みだったようです。

IMG_3658_convert_20210113185818.jpg


やまと金魚園はお休みでした。
1月8日より再開となるようでした。

IMG_3659_convert_20210113185728.jpg


『泳ぐ図鑑 郡山金魚資料館』の看板が目立つ『やまと錦魚園』でした。

IMG_3661_convert_20210113185657.jpg


郡山内の金魚鉢を置く店を数年、掴みましたが、
戸外では気温が下がって金魚の姿が消えていました。
ところが、『やまと錦魚園』の金魚たちは、元気に泳いでいました。

IMG_3666_convert_20210113185520.jpg

石上神宮でお正月のお参りを済ませてきました。


石上神宮(いそのかみじんぐう)に参拝しました。
例年1月2日に早朝からお参りしますが、
今年は例年のような参拝ぶりが影を潜めました。
コロナ感染の影響かと思いますが、静かな境内でした。

IMG_3736_convert_20210108121134.jpg


石上神宮の入り口で、ふぅとテンが座り込んで、一服でした。
二人が着てる服は、牛の絵を描いたもので、楽しそうです。
今年は丑年(うしどし)ですものね。

IMG_3738_convert_20210108121329.jpg


石上神宮の入り口の石碑をアップで撮影しました。

IMG_3746_convert_20210108121430.jpg


参道を進むのは、ラピさんとふぅテンです。
参道に人影なく、昨年までの賑わいと大違い、
コロナの野郎のせいなんでしょうねえ。

IMG_3747_convert_20210108121638.jpg


鳥居に着きました。
鳥居の向こうもやはり人出が少なく、参道に菓子屋などの展示は皆無でした。

IMG_3749_convert_20210108121740.jpg


鳥居を抜けた我が家です。
鳥居の向こう側から、私が振り向いて、ラピさんたちを撮影しました。
ラピさん抱っこのふぅテン、嬉しそうかな。

IMG_3751_convert_20210108121839.jpg


参道にニワトリです。珍種ばかりが多くて、
とても目を引きました。

IMG_3753_convert_20210108122111.jpg



『古神札納所』に着きました。
我が家、毎年、破魔矢をこちらで処分していただきます。
庭の中央ではトンドが進んでいます。

IMG_3755_convert_20210108122205.jpg


拝殿にお祈りを捧げ、新しい破魔矢を頂きました。
この1年は明るい未来が訪れることを祈ります。

IMG_3762_convert_20210108122829.jpg

天空の空で見る奈良盆地の景色と松尾山への道のり


田舎道を歩くラピさんとふぅテンです。
我が家からは、わずか2~300メートルです。
楽しそうな家族でしょ💛

IMG_3233_convert_20201224193021.jpg


近くの段々畑が見えますが、上端に見える建物はカフェのテラスです。
矢田寺はすぐそばです。

IMG_3234_convert_20210104103136.jpg


坂道を登るのはラピさんとふぅテン、カフェを目指しています。
下から登って左へ進路を進めれば、もうカフェはすぐそこになりましたね。

IMG_3236_convert_20210104193753.jpg


カフェの建物の裏側を進むラピさんとふぅテンです。
ふふふ、テンがまん丸くなって、裏道を進んでますね。

IMG_3239_convert_20210104193912.jpg


カフェの外席で一休みの我が家です。
ふぅテンも外席に座らせて頂いてます。

IMG_3243_convert_20210104193940.jpg



天空の空から空から見る奈良盆地です。
雲が分厚く回りを見つめています。

IMG_3244_convert_20210104194024.jpg



外席のテーブルにコーヒーと美味しいケーキが並びました。
どちらも、とっても美味しいんです。
ラピさんが、こちらのママさんと依然から親交が深く、
こちら方面に寄る時は楽しく過ごせます。

IMG_3252_convert_20210104194112.jpg


庭先の庭園にはキンカンがたわわに実を付けていました。
奥様から頂いたキンカン、美味しかったです。


IMG_3254_convert_20210104194133.jpg

矢田寺&矢田山ふるさと工房


矢田寺の本堂入り口前に到着しました。
向かって右側の入り口から本堂内に入れます。

IMG_3195_convert_20201217191542_20201224194817d14.jpg


矢田寺の参道内に添付されたポスターです。
来年6月には紫陽花園が再開されていますよう祈ります。

IMG_3198_convert_20201217191849.jpg


向かって本殿前の階段右横に小児たちを祈る母の像があります。
絶えずお供え物が無くならないようです。

IMG_3196_convert_20201217191641.jpg


★ある日、ふぅテンがラピさんと一緒に矢田山ふるさと工房を目指しました。
ふぅテン、元気にふるさと工房を目指して歩いてます。

IMG_3233_convert_20201224193021.jpg


矢田寺境内とふるさと工房近くの駐車場に到着しました。

IMG_3232_convert_20201224192850.jpg


この駐車場から徒歩で向かえる場所は、矢田寺と郡山市街地、
矢田寺から離れる『松尾寺』は矢田寺の背後の尾根から離れます。
★松尾寺については、近々ブログ記事をアップ致します。

IMG_3230_convert_20201224192736.jpg


矢田寺ふるさと工房へ向かっていました。
『マムシに注意』なんて看板が草原に掲げられていました。
大いに注意しなきゃ、ですね。

IMG_3228_convert_20201224192616.jpg


矢田山ふるさと工房の入り口に到着しました。
ふるさと工房内は温かくて、楽しい方々が大勢いらっしゃいます。
オーナーの奥様、ラピさんとも親しい方ですが、ホントに楽しい所です。
IMG_3221_convert_20201224192512.jpg


ふるさと工房の庭に向かって椅子が置かれています。
コーヒーとケーキを美味しく頂きました。


IMG_3256_convert_20201225120213.jpg



ふるさと工房のお庭です。
右手にあるのがふるさと工房の建物です。
左にある建物がバーベキューなどが行われるテントです。

IMG_3217_convert_20201224192314.jpg


夕刻となりました。
山に沈む夕日がなんとも不思議な世界を彩りました。

IMG_3207(1)_convert_20201224191957.jpg