FC2ブログ

  ☆☆ブログ村ランキングに参加してます☆☆
下のバナーをクリックして応援いただけると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ


『魔女の一撃』で私はギックリ腰に&ふぅ、実はパテラ初期だった


我が家の朝ごはんはこんな感じです。
食パンは国産小麦を利用、パンの耳が
しっかり焼けて美味しいんです。
パンにはハチミツと塗っています。
飲み物はブラックコーヒーかリンゴジュース
蛋白が多いので牛乳は飲みません。

001eIMG_2398.jpg



そんな朝ごはんが済んでソファーを立ったその時です。
腰に激痛が走りました。
何も持たず、ただゆっくり立っただけなのに・・

002eIMG_5068_202002062129364ec.jpg



何が起こったか理解できません。
いつもの腰痛とは次元が違います。
まるでぎっくり腰みたいな痛みです。

003eIMG_3780.jpg



『魔女の一撃』を食らったのかもしれません。
※西洋ではギックリ腰のことをこう呼ぶそうです。

004eIMG_8096.jpg



いや、大丈夫じゃない、まもなく開院やから
カイロの先生に電話するわ。

005eIMG_5067.jpg



先生は即座にこの位置を湿布すること&安静を指示。
なんで腰が痛いのにこんなに広い範囲を湿布する?

006eIMG_0671.jpg

▲ でも翌朝ウソみたいに痛みが和らいでいました。
先生によると痛みは腰から始まったものの、
放置すると炎症が広がるのでそれを防止したとのこと。



3日めにはいつもの軽い腰痛になり、
緊急でケアをしていただけました。

すぐに処置をしないと炎症が広がり
3日後くらいが最も痛い状態になり、
痛みは1週間ほど続くとのことでした。
ホントに神ってる先生です。

007eIMG_5032.jpg



実はふぅ、パテラ(膝蓋骨脱臼)の初期でした。
このことを書くのは二度目です。

008eIMG_2897.jpg




あるお友だちにピョンピョンと飛んで何かをねだったのかな。
そのとき、キャンという高い悲鳴、ふぅが足を引きずっていました。

009eIMG_8901.jpg



夜になって再び膝が外れました。
慌てて少し遠い別な病院を受診しました。
院長先生を指名して…

受診時にやはり膝は元に戻っていましたが、
先生、こんな具合かと膝を外して再現されました。

ごく軽度のパテラである、手術などの必要はない、
との診立てで、薬もでませんでした。
外れたときの直し方を教えてくださいました。

010eIMG_7891.jpg

(↑犬種が違いますが、イメージです)



これまで、このことを書かなかったのは、その友人が
気の毒なくらい恐縮して、私のせいで…と
なので、書けなかったのです。

その後もある牧場のテラス席で床板の隙間に足を取られて
膝が外れるなど、半年ほどの間に何度か再発しました。

011eIMG_8967.jpg


薬は出ませんでしたが、先生からの指示が二つ
まずジャンプや階段の昇降は禁止、
さらにしっかり歩かせて筋肉をつけること。

ふぅとはロング散歩をよくしました。
京都では蹴上から銀閣寺までを往復です。

012eIMG_7851.jpg




犬って歩くのが好きなんだと思い込んでました。
ご一緒したわんちゃんが帰宅後、肉球から
出血してたって聞いたときはびっくりです。
申し訳ないことをしました。

013eIMG_9856.jpg



翌年、テンを迎えた頃には、ふぅのパテラは
すっかり鳴りを潜めました。

014eIMG_2915.jpg

ふぅちゃんの方が筋肉硬いね、
テンちゃん、女の子みたい。
確かに。。。

ランキングに参加しています。
【にほんブログ村】に応援ポチをお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓
009aIMG_1090_20171107211603e22.jpg
にほんブログ村



スポンサーサイト



テーマ : トイ・プードル - ジャンル : ペット

腎臓BUNはBCAAで下がるのかも&私のCKDとBUNのリンクとか


2017年1月のことです、初めての
人間ドッグをラピさんと一緒に受けました。

※なぜこのあと犬の腎臓病BUNと比較するのか
腎臓病の様子がまったく同じだからです。

001eIMG_8934_2019080221025191e.jpg



この人間ドックで、腎臓の糸球体(フィルター)に
ほころびが生じていることを知らされました。
血中の老廃物を濾しきれず、血中に入ります。

002eIMG_8378.jpg

↑病状が進むことを止めるため・・
まずは当時150あった高血圧を降圧剤で
下げる処置が取られました。
今は非常に落ち着いた血圧が維持できてます。



CKDステージにおける食事療法基準です。
私のステージは3a、まだ中位のステージです。
ここで踏ん張れないと、透析・腎移植へと進みます。

003eIMG_2059.jpg

↑踏ん張るための食事療法が所要エネルギー・
蛋白質・食塩・カリウムの量制限です。
私は栄養士さんから何度も教育を受け、
ラピさんが主導的に動いてくれたので
ステージは3aに留まれています。



CKD 慢性腎臓病の患者さんは1,330万人にのぼります。

004eIMG_6935.jpg



はい、ふぅが犬の腎臓病でBUNが
どうなるのか心配しています。

005eIMG_4577.jpg



犬の場合の腎臓の働きを示す図です。
ネットの中にありました。
人のCKDの様子と構造は同じでしょ。

006eIMG_6829.jpg



さて、我が家 ふぅの腎臓病が始まった経緯のメモです。
6月中旬から、ふぅの急にフードを食べない病が始まりました。
何が起こったかは、このパネルに書かれた通りです。

007eIMG_6785.jpg



とにかく食べさせることに夢中になりました。
ビー・ナチュラルは私が最も信頼を寄せたフード、
5年以上に渡って私が利用したフードです。
でも腎臓病BUNのふぅに食べさそうとすると
あるタイミングから拒否するようになりました。

008eIMG_7849.jpg



とのかく食べささないと、体重が減る一方になります。
これはT動物病院で院長先生に紹介いただいたフード、
キドニーキープですが、最初は猛烈に食べました。
これも長くは続きません。
ふぅが同じフードに飽きるのか、BUNの影響か…

009eIMG_7843.jpg



これは特定のブレンドをされた1品料理のドッグフードです。
2種類をオーダーし、一月後に入手できました。
今、使い始めたところです。

010eIMG_6783_20190802211649e51.jpg

↑フードはこれだけではありません。
何種類も集めました。未開封のものも多いです。
食べない時は皮下点滴すると食欲は急上昇します。



腎臓BUNの許容範囲をかなり越えた数値で終始していますね。

011eIMG_7894.jpg



BUNをなんとか下げられないものかと、ネット情報を探しました。
そして見つけたのです。
BUNはBCAAで下がる可能性がある、というもの。

「BCAA」とは必須アミノ酸であるバリン、ロイシン、イソロイシンのことを言います。
H動物病院院長と相談してみます。

012eIMG_8943.jpg



ランキングに参加しています。
【にほんブログ村】に応援ポチをお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓
009aIMG_1090_20171107211603e22.jpg
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村


↓『拍手』をクリックくださるとコメント欄が開きます小さい文字

テーマ : トイ・プードル - ジャンル : ペット

ふぅは腎臓病の初期、治療を続けることで症状の進展を遅らせられます。


ふぅが私が作る慣れた手作り食を
食べなくなったのは6月17日のことでした。

001eIMG_9415.jpg



慌てて、似た症状のトイプーのママさんを訪ね、
どんな対応をされているのか、教えていただきました。
さっそくT動物病院を訪ねました。我が家から車で5分。

002eIMG_6156_2019080100313097d.jpg



院長先生に経過を告げました。

003eIMG_7837.jpg



まずは尿検査をしましょう、とのことでした。

004eIMG_6884.jpg



採取されたふぅの尿の結果を数日後に伺いました。
シャーレの中は左の画面のような状況でした。
菌の調査をされ、常在菌であること、感染性の
菌ではないとのことを伝えられました。
薬は出ましたが、1週間ほどで菌は死滅し、
投薬も終了しました。

005eIMG_0073.jpg



さて、血液検査の結果が出ました。
主だった項目だけアップしています。

肝臓のALT、ALPが許容値の数倍に達していましたが、
生馬肉(1食あたり25g)を10gまで減らし、更にゼロへ
その結果、肝臓の数値はほぼ許容値内へ戻りました。

ただ、腎臓の値BUNは上がり放しです。
皮下点滴をすることが決定しました。

006eIMG_6787



腎臓が濾せなく鳴った物質を血管中の
点滴で除去することになるのでしょう。
↓以下、点滴の器具です。

007eIMG_8945.jpg



ベッドの上で抑えますが、ふぅはホントにすごいヤツです。
点滴の針が刺さってもワンとも鳴きません。
点滴の間もゴソゴソともしません。
院長先生が感心されていました。

008eImG_7834_2019080100340472e.jpg



これが点滴を終えたばかりのふぅです。
点滴を始めてから3日間は連日の点滴、
その後は様子を見ながらの1週間ごとです。

009eIMG_7865.jpg



針を刺した位置がぽっこり膨らんでいます。
点滴が済んだ後は、フードもよく食べます。
このあと、ふぅ特性のフード作成を依頼し、
一月経った数日前に届きました。
フードのことは明日以降、書きます。

010eIMG_0146.jpg


ランキングに参加しています。
【にほんブログ村】に応援ポチをお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓
009aIMG_1090_20171107211603e22.jpg
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村


↓『拍手』をクリックくださるとコメント欄が開きます小さい文字

テーマ : トイ・プードル - ジャンル : ペット

フィラリア薬の副作用をなくすためレニームで犬の全身から蚊を忌避できた!


フィラリアの陰性・陽性検査です。
検査には色々な方法があるようですが…
我が家【陰性】と結果が出ました。

001eIMG_0338.jpg



その後、フィラリア予防薬が処方されますが、…
フィラリアは予防できる病気ではなく、駆除する病気です。
フィラリアは感染症ではなく、心臓に寄生する寄生虫なんです。

002eIMG_3680.jpg



フィラリア薬には副作用があると以前から知ってはいました。
それが、わん友さんが生々しい事実を知らせてくださいました。
彼女はシュナウザー2頭を飼っておられます。
食事にはすごい注意を払われてて、頭が下がります。
そんなシュナ君2頭ともが、記載のようなフィラリア薬の
激しい副作用を何度も経験しています。
フィラリア薬には明確な副作用があるということです。

003eIMG_0331.jpg



フィラリアは寄生虫だと冒頭に申し上げました。
そう、まずは犬の心臓に巣食ったフィラリア成虫がいます。
この犬から吸血した蚊の体内にL1(一齢幼虫)が入り込みます。
この蚊の体内で幼虫は、さらに二度脱皮し、L3(三齢幼虫)になります。

004eIMG_6531.jpg

↑この後、蚊は犬をターゲットに吸血します。
この際、L3(三齢幼虫)が犬の体内に入り込ます。
そして犬の体内でフィラリア幼虫は二度脱皮を繰り返し、
l4・L5(4四齢・五齢)と成長し、犬の動脈へ入り込みます



蚊の吸血活動は気温に依存します。
吸血活動は15℃~30℃で起こり、
26~31℃でとりわけ活発になります。

005eIMG_7828.jpg



HDUとは、フィラリアを媒介する蚊の体内でフィラリア幼虫が
成熟するために必要な積算温度の単位です。
HDUを算出することによって、犬フィラリア症が感染する期間を
推定することができます。
このグラフは、私が奈良市の地方気象台のデータに基づき算出。

006eIMG7821.jpg



さて、ここで蚊に刺されないようにして、
フィラリア駆除剤の必要をなくします。
そのためレニームを使います。
MAKIさんに薦められて買ったレニーム
レニームのすごい話を聞かせていただいたので紹介します

007eIMG_5107.jpg



レニームは200種以上の害虫に忌避効果があるそうです。
ニームの成分である「アザディラクチン」が虫に対して
摂食障害・排卵障害・脱皮障害をもたらし忌避効果があります。

主だった害虫ではノミ・マダニ・蚊に忌避効果があります。
ひとつの商品でこの犬にとっての3大害虫すべてに
効果があるものは少ないそうです。

008eIMG_8410.jpg



では、レニームは犬の身体にどう吹き付ければいいのでしょう。
・スポット剤と同様に 後頭部・背中・おしり の3ヶ所に吹き付けます。
・夏場はさらに おなか・足元にも吹き付けると効果的だそうです。

吹き付け後は軽くマッサージをするように皮膚や毛に馴染ませます。
水にぬれると成分が落ちるので、再度吹き付けます。

009eIMG_1278.jpg



MAKIさんはこのレニームにニオイがない点に注目し、
犬が一番マダニをつけやすいマズルに塗れると考えました。
事実、手のひらにとってマズルに塗っても嫌がりません。

010eIMG_7845.jpg


ランキングに参加しています。
【にほんブログ村】に応援ポチをお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓
009aIMG_1090_20171107211603e22.jpg
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村

↓『拍手』をクリックくださるとコメント欄が開きます

テーマ : トイ・プードル - ジャンル : ペット

愛犬が肝臓に炎症を起こしている時、フィラリア薬を飲ませては危険だ!


肝臓のALT・ALPを改善する取組の方向性がまとまりました。
蛋白質の過剰摂取が問題であることは間違いなさそうで、馬肉を一旦止めて
ドッグフードに置換して様子をみることにします。

001eIMG_0348.jpg



生馬肉を減量したあたりから、
ふぅの体重がわずかですが下降しました。
体重増やすならドッグフードは間違ってないと思います。

002eIMG_8978.jpg



ここで突然フィラリア感染期間の話になりますが…
これは私が奈良市の地方気象台のデータを元に
4年間のフィラリア感染開始日と感染終了日を
まとめたものです。
5月下旬~10月下旬まで、わずか4ヶ月です。

003aIMG_7194_20190529005828316.png

↑感染の開始および完了日を算出する数式があります。



そうなんだよ、ふぅ、意外でしょ。
病院によっては通年で処方する所もあるみたいだけど…

004eIMG_0295.jpg



それと、フィラリアの薬って、あまり知られたないけど、
副作用が結構あるんですよ。この話は後ほど。

005eIMG_4738.jpg



今 我が家はふぅの肝臓yが炎症を起こしていて、この状態で
フィラリア薬を服用することは極めて危険だと思います。
我が家は今年度からフェラリア薬を摂取しません。
そのように先日、院長先生にお伝えしました。

006eIMG_6409.jpg

ランキングに参加しています。
【にほんブログ村】に応援ポチをお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓
009aIMG_1090_20171107211603e22.jpg
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村

↓『拍手』をクリックくださるとコメント欄が開きます

テーマ : トイ・プードル - ジャンル : ペット