FC2ブログ

  ☆☆ブログ村ランキングに参加してます☆☆
下のバナーをクリックして応援いただけると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ


ふぅ左眼の傷の定期検査からのランチ店探訪


4月11日土曜日の朝です。
ふぅテンそわそわ、またお出かけに
いち早く気づいたようです。

001dIMG_2380.jpg



この日、向かったのはF動物病院眼科です。

002dbIMG_0765_.jpg


この日はふぅの3ヶ月ごとの定期検査でした。

003dIMG_5751IMG_.jpg



待合室へ入ったふぅとテン、検査を受けるのはふぅだけです。
テンは付き添いみたいな役割ですが、愛想よく挨拶です。

004dIMG_7150.jpg



ふうは白内障手術をした左眼(向かって右)の
中央に小さな傷があったのですが…
光の加減によりますが、左眼中央がやや霞みます。

005dIMG_0809.jpg



テンは眼に治療が必要な傷は幸いありません。

006dIMG_5749IMG_.jpg



①ふぅの左眼中央の傷はほぼ消えました。
光源によっては曇って見えますが
気にならないレベルかと思います。

②左眼の涙が少ない件についてはドライアイへと
疾患が進むのは好ましくなく要観察です。
今のところ落ち着いています。

007dIMG_7878_.jpg



さて、次の診察は3ヶ月後です。
ふぅの左眼に異常が起こらないか
毎朝の歯のケアの時に目も見ており、
異常が見つかれば、即刻F動物病院へ
検査をお願いします。

008dIMG_5759IMG_.jpg



ランチはここから近いモスバーガーのテラス席に
いつものように座るつもりでしたが、なにせ暑い!
オープンテラスなので、利用を諦めました。

009dIMG_9862_.jpg



では、ランチはどこで?
イーハトーブ・ ソラで予約が取れました。…つづく

010dIMG_5821IMG_.jpg


ふぅとテンとこの記事に応援ポチをお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓
009aIMG_1090_20171107211603e22.jpg
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村

↓『拍手』をクリックくださるとコメント欄が開きます


スポンサーサイト

テーマ : トイ・プードル - ジャンル : ペット

ふぅの涙の減少・充血については一段落つきました

勘のいいふたり、この日の朝も何やら感じたようです

001bIMG_2315.jpg



ふぅの支度が終わったようです
やっぱりラグの模様が浮き出して見えますね
ふぅは耳が立ってるように見えます

002bIMG_2318.jpg



では、F動物病院・眼科へ向かいましょう

003bIMG_0798_20190211005423892.jpg



予約制なので待ち時間はほぼないのですが、
この日は待合室が混んでいました
水槽の隣の空席に座りました

004bIMG_0488.jpg



これは何の写真?ですね
私がふぅを抱っこして撮ったので
ふぅの頭越しに水槽の中が写っています

005bIMG_2319.jpg



綺麗な魚が泳いでいます
海水魚のようです、水槽に海水が‥

006bIMG_2320.jpg



ここでふぅが呼ばれ、診察室へ消えました
続いて私が呼ばれ、ふぅの診察結果を伺いました

ふぅの左眼の傷はすでに消えており、
涙の量が少ないこと、充血があることについても
傷があったことで血管が増えたそうです
点眼はこれにて終了し、3ヶ月ごとの検査となりました

007bIMG_7874_201902110056447df.jpg




ふぅの左眼、一段落ついたようです

008bIMG_8693.jpg



前から気になっていたのですが、受付に置かれた水槽
中には小さなメダカがいっぱい♪
スタッフさんに伺うと、成魚となったメダカは別の水槽へ移され
孵化した小さなメダカがこの水槽で飼われているそうです
院長の趣味かな、なんて思っちゃいました

009bbIMG_7835.jpg



さて、ランチですが、再びスペイン石窯の
パン屋さんへと向かうことになりました

010bbIMG_8450.jpg

ふぅとテンとこの記事に応援をお願いします
↓ ↓ ↓ ↓
009aIMG_1090_20171107211603e22.jpg
にほんブログ村



↓『拍手』をクリックくださるとコメント欄が開きます

テーマ : トイ・プードル - ジャンル : ペット

ふぅの左眼の傷は完治し減った涙の回復治療へ

12月26日、F動物病院でふぅの眼球検査です

001bIMG_2178.jpg




待合室のテンです
ふぅは2番めに呼ばれて検査ルームへ
テンは患者ではありませんが同行を
認めてくださってます

002bIMG_1034.jpg




おっ臨席でひょっこりと顔が出ました
テン、つまらなさそうな顔です

003bIMG_1036.jpg




ここで呼ばれてふぅの結果を伺いました
画像の向かって左が18/12/21 右が18/12/26です
点眼を開始して6日めの左眼です

院長先生は中央の傷は治ったとの説明
今後は涙の量を戻す治療に入るとのこと

004bIMG_1038.jpg




涙の量についても白板で説明がありました
①涙の量は一定値を保たず、波を打つとのこと
②傷があると涙が一時的に増えることもあるとのこと
③ヒアルロン酸の点眼は終えて涙の量が戻る点眼を
朝と夜2回続けるよう指示あり
④涙の量が戻らないままだとドライアイに進む恐れ
⑤涙の分泌を促す薬もあるので経過を見て判断とのこと

005bIMG_1045.jpg




さあ、診察が終わったのでランチへ

006bIMG_1046.jpg




台風で崩れた病院の壁の改修が始まってました
ふぅの涙の量とリンクしますように

007bIMG_1048.jpg




ランチは近くのモスバーガーへ・・つづく

008bIMG_1050.jpg


ふぅの左眼の治療 少し安心しました
ふぅとテンとこの記事に応援をお願いします
↓ ↓ ↓ ↓
009aIMG_1090_20171107211603e22.jpg
にほんブログ村



↓『拍手』をクリックくださるとコメント欄が開きます

テーマ : トイ・プードル - ジャンル : ペット

ふぅ左眼に新たな傷と涙量の低下で治療開始

数日前のふぅです
左眼(写真向かって右)が気になりだして‥
右眼に比べ透明度が低いような

001bIMG_0807.jpg




どうにも気になりだして翌朝、F動物病院に電話しました
前回の傷の手当が完了した際、院長より気になることが
あれば、すぐ連絡をとの指示があったのです

002bIMG_6305.jpg




予約時刻より早めに院内に入りました
ふぅが眺めているのは海水魚の水槽です
以前から1尾だけ泳いでいました

003bIMG_0838.jpg




テンはラピさんバッグで診察が終わるのを
待合室でラピさんと待ってます

004bIMG_0099.jpg




これが前々回診察の際、見つかった左眼の傷です

005bIMG_8398.jpg

↑過去写真です




この時の院長見解です
③の左眼の涙が減少しているという点が気になりましたが
手当は当面不要で、要観察ということでした
ここが大きく動くことになりました

006bIMG_7885.jpg




これが当日診察の結果を院長から
説明を受けたホワイトボードです
要するに涙の量が落ちており
このままだとドライアイの恐れがある

007bIMG_0841.jpg




涙の量は検査紙を目尻に挟んで測るそうです

008bIMG_9523.jpg




ふぅには左眼に新たな傷ができていました、
涙の量は減っており、このままだと
ドライアイの恐れがあるとのこと
まずは傷を直すことが優先、その後
涙の量を増やす治療となりました
目薬2種が出ました

009bIMG_1092.jpg




前の台風で飛んだ屋根の修復が始まってました

010bIMG_0842_201812240025598ad.jpg




では、ランチへ
コパンさんへ電話するも 年内満席でした

011bIMG_0839.jpg




しようがないので、帰路ラピさんかねてから要望の
チーズケーキ屋さんへ・・つづく

012bIMG_0847.jpg

次回診察は今週中にもある予定です
ふぅとテンとこの記事に応援をお願いします
↓ ↓ ↓ ↓
009aIMG_1090_20171107211603e22.jpg
にほんブログ村



↓『拍手』をクリックくださるとコメント欄が開きます

テーマ : トイ・プードル - ジャンル : ペット

ふぅの左眼の傷は完治、ランチはスペイン石窯のパン屋へ

11月27日モニカフェで開催された誕生会
14日生まれのふぅとテンです

001aIMG_0089.jpg




左端がトーマス君、ふぅの双子の兄貴です
この2枚は前回記事(11/30)に掲載されてません
なぜか?

002bIMG_0091.jpg

アイフォンXSで撮られたフォーマット【HEIC】の
画像がパソコンに紛れ込んだためです
ボツにするのが耐え難くこの2枚をアップしました




そして12月1日はF動物病院でふぅの眼の
3か月ごとの検診日でした

003bIMG_0798.jpg




予約時刻の少し前に到着、
待合室は1番乗りでした

004bIMG_0101.jpg




テンはラピさんバッグでご機嫌です
テンは診察の対応ではありませんが
待合室への同行を許していただいてます

005bIMG_0098.jpg




ふぅが呼ばれるのを待ってるうちに
次々と患者犬が到着し、またたく間に
待合室はわらわら♪

006bIMG_0100.jpg




ふぅは2番めのコールでしたが
左眼の眼球の傷は綺麗に消えていました
↓この画像は3か月前のもので小さな傷が
認められます

007bIMG_8398.jpg




先生の診断結果はこの通りでした
①傷は完全に治癒しているということ
②左眼に網膜剥離はないということ

008bIMG_7876_20181202234413df5.jpg

③左眼の涙が少し減少している、との指摘です
すぐに手当が必要なレベルではないものの
要観察、変化があればすぐ連絡を、との指示でした




④左眼の傷を治すための目薬クロラムフェ二
コールは診察前日に終了と伝えました
傷は治癒しており目薬は不要とのこと

009bIMG_6780.jpg

↑これがクロラムフェにコールです
細菌の蛋白質合成を阻害する抗菌が
目的の目薬で、もう投与の必要なしとのこと



診察後の楽しみはランチですね♪
lこの日は2度めの訪問、スペイン石窯のパン屋
今回もガラリと斬新なパンが登場しました

010bIMG_8454.jpg


左眼の傷は完治しました
ふぅとテンとこの記事に応援をお願いします
↓ ↓ ↓ ↓
009aIMG_1090_20171107211603e22.jpg
にほんブログ村



↓『拍手』をクリックくださるとコメント欄が開きます

テーマ : トイ・プードル - ジャンル : ペット