FC2ブログ

  ☆☆ブログ村ランキングに参加してます☆☆
下のバナーをクリックして応援いただけると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ


ラピさんの工芸品選択完了&ランチ選択の経過


工芸品のブースの巡回がほぼ終わりました。
まだ続くのか、ふぅが心配しています。
テンは昼ごはんの心配のようです(笑)

001dIMG_5876IMG_.jpg



ラピさんがセレクトした工芸品を見てみましょう。
こちらはラピさんが昨年のイベントで購入した奈良扇子です。

002dIMG_5878IMG_.jpg



絵柄は刃でくり抜いてあるのです。
ラピさん、気に入って夏はずっと使ってます。
そんな風に作業中のご主人にお伝えすると
喜んでくださいました。

003dIMG_3680.jpg



では、ランチ先を探しに来ました。
あれっ、目指す移動調理車がありません。

004dIMG_5886IMG_.jpg



目指す移動調理車とは、キナリ・ピッツアさんでした。
この日は他にイベントがあったのかも知れません。
キナリさんのピッツアを初めて食べたのが、数年前の
この場所でした。
以後、奈良でピッツァを食べる時はキナリさんを訪ねてます。

005dIMG_6029.jpg



ラピさんのセレクトも決まったようです。
重厚で真っ黒な茶碗でした。
帰宅後、さっそく使い出しました。

006dIMG_5888IMG_.jpg



さあ、では会場をあとに、ランチにします。

007dIMG_5892IMG_.jpg



城門を出た処に待ち行列です。

008dIMG_5894IMG_.jpg



みなさんが狙っていたのは濃厚なチーズケーキでした。
これは無事にゲットできました。

009dIMG_5905IMG_.jpg



そのお隣のブースでパンを買いました。

010dIMG_5902IMG_.jpg



そして隣の広場で席が空くのを待って座りました。
ラピさんは会場で美味しいコーヒーを見つけたと
買い出しに駆けつけてくれました。

011dIMG_5915IMG_.jpg



ふぅはズラリと並んだパンが気になってしようがありません。

012dIMG_5917IMG_.jpg



ラピさんの口元から目が外せないようでした。

013dIMG_5922IMG_.jpg


ランキングに参加しています。
【にほんブログ村】に応援ポチをお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓
009aIMG_1090_20171107211603e22.jpg
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村

↓『拍手』をクリックくださるとコメント欄が開きます
スポンサーサイト

テーマ : トイ・プードル - ジャンル : ペット

若手工芸家さんたちの工芸品に感嘆!カイロで同席したAさんとも再会♪


若手工芸家たちの登竜門【ちんゆいそだてぐさ】に
並べられた工芸品たちです。

001dIM_1256.jpg



ラピさんが その会場に現れました。

002IMG_5861IMG_.jpg



最初に目に入ったのがこちら、籠と目籠(めかご)です。
目籠は物を入れる、目を粗く編んだ竹籠です。

003d_IMG_5042_.jpg



こちらは目立つ模様のある皿。

004dIMG_9383.jpg



ラピさん、この後、展示品を見回りにスタートしました。
そこで音楽が聞こえてきたのです。

005dIMG_5858IMG_.jpg



若い二人のミュージシャンでした。
あぁ、いいなと一しきり椅子に座って傾聴しました。

その直後に突風が吹いて、舞台の後ろの衝立が倒れました。
ミュージシャンの二人が落ち着いて立て直しました。

006dIMG_5862IMG_.jpg



城門から入って左折した我が家、通路の左側に広場が広がり、
この日は一面に出品された方たちのブースが並びます。
このエリアに踏み込んだ時、犬連れの方に声かけてる方たちです。

この人たちが通過した直後に、「ショーンさん」と呼ぶ声が…

007dIMG_9390.jpg



なんと、数ヶ月前にカイロプラクティックのケアで
ばったり出逢ったAさんでした。
愛犬を連れておられたので、許可いただいてパチリ。
可愛いヨーキーちゃんでした。
また、カイロか奈良公園で再会できるって確信しました。

008dIMG_5872.jpg



では広場のブースを見て回ります。

009dIMG_3667.jpg



城跡内はガランとしてますが、【ちんゆいそだてぐさ】の
一画だけはラッシュの電車内のようです。

010dIMG_3628.jpg



アクセサリーのブースです。

011dIMG_9393.jpg



クリスタル・ガラス製品のブースです。

012dIMG_9371.jpg



さあ、来年も【ちんゆいそだてぐさ】を覗きに来れるかな。

013ddIM_1256.jpg


ふぅとテンとこの記事に応援ポチをお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓
009aIMG_1090_20171107211603e22.jpg
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村

↓『拍手』をクリックくださるとコメント欄が開きます

テーマ : トイ・プードル - ジャンル : ペット

若手工芸家たちの登竜門【ちんゆいそだてぐさ】


5月18日の朝のことです。
この日は珍しくふぅが家の中の様子に反応しました。

001dIMG_6903.jpg



早々に車で出かけ、いつもの駐車場に停めました。
その後は近鉄電車沿いにテクテク歩いて郡山城跡をめざします。

002dIMG_5845IMG_.jpg



場内へ裏口から入りました。
4月には桜が満開で、椅子にも人が溢れたのに
このなんともガラーンとした感じ…
ただ、テンは桜の花のガクを体中にくっつけて、
慌てて抱っこしました。

003dIMG_5846IMG_.jpg



場内に入りました。
ツツジが綺麗そうですが、足元は結構 花が散ってました。

004dIMG_9289.jpg



城門のそばへつきました。
【ちんゆいそだてぐさ】の看板が出ています。
城壁に沿ってズラリと並ぶ店は、
馴染みのお店の出張展開です。

005dIMG_5853IMG_.jpg



さて【ちんゆいそだてぐさ】とは、なんぞや
毎年、この時期に開催される若手による
現代工芸フェアが 【ちんゆいそだてぐさ】です。

006dIMG_7893.jpg



中国語で金魚は「チンユイ」と発音します。
金魚の街・大和郡山にふさわしいでしょ。

007dIMG_1294.jpg



また日本で最初に発行された金魚の飼育書が
『金魚養玩草』(きんぎょそだてぐさ)です。

008dIMG_6782.jpg



では城門を潜って会場へ向かいます。
門の向こうで白い布に金魚が泳ぎます。

009dIMG_3634.jpg



では、若手工芸家さんたちの作品を
じっくり楽しみましょう。・・つづく

010dIMG_1259.jpg


ふぅとテンとこの記事に応援ポチをお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓
009aIMG_1090_20171107211603e22.jpg
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村

↓『拍手』をクリックくださるとコメント欄が開きます

テーマ : トイ・プードル - ジャンル : ペット

煙に巻かれた火の祭り、吉野山 金剛山寺蔵王堂で見た護摩行と比較


大柴灯護摩(だいさいとうごま 火の祭り)が
始められる場所に点火された後の様子です。
猛烈に白い煙が吹き出しましたが、その後の展開です。

001dIMG_4863IMG_.jpg



風のイタズラでしょうか、太い煙の塊が
真上に上がりだしました。

002dIMG_4864IMG_.jpg



しばらくして、風が吹くと煙の塊が崩れ出しました。

003dIMG_4865IMG_.jpg



その後は、目前の視界がなくなりました。
中央に白く抜けて見えるスポットが炎です。

004dIMG_4867IMG_.jpg



煙の塊から少し離れて様子を伺う方たち、
この辺りは煙が押し寄せていません。

005dIMG_4870IMG_.jpg



でも点火場所は白い世界のままです。
観客の方たちがカメラを構えて煙を撮影中。

006dIMG_4872IMG_.jpg



煙の流れが少し弱まった頃、チロチロと炎が見えます。

007dIMG_4877IMG_.jpg



白い煙は風のせいでしょうか、ゆっくり流され始めました。

008dIMG_4878IMG_.jpg

↑火の量より煙に驚かれたことでしょう。
弘法大使の命日に行われる法会が「釜の口れんぞ」です。
16人の修験者たちが天下泰平、五穀豊穣を願い護摩を焚いたのでした。



護摩を焚くということは煙を出すと言うことでしょうか?
吉野山 金剛山寺蔵王堂で見た燃え盛る護摩行と比較します。

偶然、護摩会(ごまえ)が今まさに始まるところに出くわしたのです。
女性行者が凛とした声で口上を述べて矢を射ます。
法螺貝が鳴り響き、やがて・・

009dIMG_0169.jpg



モクモクと煙が上がります、すごい煙です。
このあたりは長岳寺の釜の口れんぞと同じです。

010dIMG_0184.jpg



護摩の行を見つめる信者さんたちも煙に包まれました。
これも長岳寺の釜の口れんぞと同じです。

011dIMG_0190.jpg



ここで会場を抜け出しました。
この時、激しい炎が上がりだしました。

※長岳寺の釜の口れんぞと吉野山 金剛山寺の護摩行は
ほぼ同じ展開をしたようです。

012dIMG_0209.jpg


ふぅとテンとこの記事に応援ポチをお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓
009aIMG_1090_20171107211603e22.jpg
にほんブログ村



↓『拍手』をクリックくださるとコメント欄が開きます

テーマ : トイ・プードル - ジャンル : ペット

長岳寺の釜の口れんぞ、着火です

境内に入ると行者さんたちです。
前日の記事はここまででした。ではつづきを…

001dIMG_4779IMG_.jpg



長岳寺の行者さんたちはおられず、
犬鳴山妙泉講の修験者の方達だそうです。

002dIMG_4780IMG_.jpg



ふぅテン抱っこでラピさんも境内に入りました。
警備の方がチラリと覗かれましたが、
特に注意もありません。

003dIMG_4786IMG_.jpg



階段の上から見下ろしますと、本堂前に
徐々に人が集まってきました。
矢印が大柴灯護摩(だいさいとうごま 火の祭り)が
始められる場所です。

004dIMG_4795IMG_.jpg



ラピさんもふぅテン、バッグインのまま撮影です。

005IMG_4796IMG_.jpg



ラピさんの向こうに池が見えますが、
手前の若いアジサイのような花は
ムーシューチューです、スイカズラ科。

006dIMG_4802IMG_.jpg



さて、階段の上から和尚様や
行者さんたちが降りてこられました。
結構な人数です。

007dIMG_4806IMG_.jpg



行者の方たちが弓を引き、
松明への点火の準備に入られました。

008dIMG_4831IMG_.jpg



さあ、いよいよ点火です!

009dIMG_4842IMG_.jpg



雄渾(ゆうこん)な噴煙と炎が境内の上空に立ち上ります。

010dIMG_4848IMG_.jpg



ひゃあ、凄まじい煙が立ち上ります。

011dIMG_4858IMG_.jpg



まわりの景色が煙に隠れてしまいました。

012dIMG_4865IMG_.jpg



釜の口れんぞ、いよいよ佳境に入りました。

013dIMG_4877IMG_.jpg


ふぅとテンとこの記事に応援ポチをお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓
009aIMG_1090_20171107211603e22.jpg
にほんブログ村



↓『拍手』をクリックくださるとコメント欄が開きます

テーマ : トイ・プードル - ジャンル : ペット